メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

宇佐市

関連キーワード

  • 民泊(2008年08月15日 朝刊)

    宿泊施設の不足を解消するため、ホテルや旅館の代わりに、一般家庭や公民館などで代表選手らを受け入れる。宿泊費は1人当たり1泊2食で8085円。選手の食事も、民泊を受け入れる地域の人たちが手作りで用意する。県が栄養バランスを考えたレシピ集を作ったほか、宇佐市や中津市でも独自のレシピ集を作っている。

  • 宇佐神宮(2010年05月23日 朝刊)

    725年創建、全国約4万600の八幡神社の総本社。皇室から伊勢神宮に次ぐ第二の宗廟(そうびょう)(帝王の祖先をまつったやしろ)として崇敬を受けてきた。卑弥呼との関連を説く学者や作家、在野の研究者も多い。JR宇佐駅からバスで約7分(1時間に1本前後)。論争大会は30日午前10時から、神宮内の参集殿で。参加費2千円(昼食つき)。29日午後3時からバスで史跡ツアー(無料)。同6時半から歓迎レセプション(3千円)。申し込みは宇佐市観光協会(0978・37・0202)へ。

  • 空揚げ専門店(2011年05月24日 朝刊)

    日本唐揚協会は「大分県宇佐市が発祥」との説をとる。戦後の食糧難に対応して養鶏場が増え、専門店ができたという。宇佐市は専門店の「発祥の地」、同県中津市が「聖地」を名乗って街おこしを進めており、専門店が東京に進出している。

最新ニュース

写真・図版

環状交差点に斬新モニュメント 特産ブドウなどモチーフ(2021/1/13)

 大分県宇佐市は3月、同市安心院町に県内で初めて導入される信号のない環状交差点(ラウンドアバウト)の中央部分にモニュメントを設置する。町の自然や特産のブドウなどをモチーフにした斬新なデザインで、観光振…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ