メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月04日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

宗像市

関連キーワード

  • 宗像市とコミュニティ運営協議会(2010年04月17日 朝刊)

    1961年の国鉄鹿児島線の電化で福岡、北九州両市との通勤時間が短縮し、宗像市の日の里、自由ケ丘などの団地開発が続いた。人口が5万人を超え、81年に市制施行。2003年に玄海町、05年に大島村と合併し人口は現在約9万5千人。行財政改革で、各種団体の事業に行政の縦割りだった補助金を統合し、00年以降にできた計13地区のコミュニティ運営協議会に「財源と権限」を移譲する。今年度の「まちづくり交付金」は総額8220万8千円。拠点となる建物の管理収入も協議会の財源だ。

  • 鐘崎漁業協同組合(2010年04月04日 朝刊)

    日本海の海女発祥の地とされる宗像市・鐘崎が根拠地。組合員数302人。天然物の魚介類の漁獲高では県内3海区(有明海、豊前海、筑前海)の36漁協で最大。まき網、フグはえ縄、イカたる流し、一本釣り漁など、漁船数は計245隻。漁獲高はピークの1991年で45億2千万円にのぼったが、2008年度は23億4200万円だった。

  • コミュニティ運営協議会(2013年04月16日 朝刊)

    宗像市内の小学校区単位で12地区に発足。各協議会には青少年育成、健康福祉、環境整備など4、5部会がある。旧来の自治会長らも入り、20人前後の役員はすべて住民。地区のコミュニティ・センターに事務局を置き、手芸や健康教室、英会話など文化事業も行う。*この連載ではコミュニティ運営協議会を「コミュニティ」と表記します。

最新ニュース

写真・図版

廃棄するコンブや野菜食べたウニの味は? ブランドめざし福岡で始動(2022/6/28)

 海の藻を食べる厄介者を一転、特産品に。「磯焼け」を引き起こす一因となるウニを捕まえて、地域で捨てられる野菜、コンブ、タケノコなどをえさにして養殖し、ブランドウニに育てるプロジェクトが福岡県宗像市で始…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】日暮れが迫る、時間がない!

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&w】青じそ風味の焼き餃子

    冷水希三子の何食べたい

  • 写真

    【&Travel】海と富士山を望める幸せ

    海の見える駅 徒歩0分の絶景

  • 写真

    【&M】快適な移動と就寝を重視

    注目の軽キャンピングカー

  • 写真

    【&w】十勝で巡る「レジェンドの小麦」パン

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日内野聖陽が語る鋼の錬金術師

    「今の時代にビビっとハマる」

  • 写真

    論座黒田日銀9年間の功罪を問う

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン江戸の伝統と文化を伝え継ぐ

    「星のや東京」が挑む試み

  • 写真

    Aging Gracefully住吉美紀さんインタビュー

    Aging Gracefullyアンバサダー

  • 写真

    GLOBE+超視力、超聴力が現実に

    人はアイアンマンに近づくか

  • 写真

    sippo爆弾娘だったボストンテリア

    今は太陽のような存在に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ