メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

宗教家

関連キーワード

  • 教誨師(きょうかいし)(2018年10月06日 夕刊)

    刑務所や拘置所などに出向き、希望者に宗教の教えに基づく話などをする宗教家。1872(明治5)年に真宗大谷派の僧侶が監獄で説教をしたことが始まりとされる。2018年1月現在、全国教誨師連盟に1848人が登録、内訳は仏教系1199人、キリスト教系264人、神道系222人などとなっている。

  • 治安維持法(2019年08月30日 朝刊)

    1925年制定。敗戦までの20年間、思想や大衆運動を弾圧した。当初は共産・無政府主義者を対象にしたが、改定を重ねるなどし、戦争に異を唱える人や自由主義者、宗教家らに適用を拡大した。治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟によると、当局発表で約7万人が送検され、作家の小林多喜二ら拷問死した約90人を含め、少なくとも400人強が獄死した。

最新ニュース

京極夏彦、瀬戸内寂聴…人気作家らが人生の知恵を伝授 大人も楽しめる教養書「17歳の特別教室」シリーズ(2019/8/27)

現役高校生を相手に「特別授業」 講談社が、新しい教養書「17歳の特別教室」シリーズの刊行を8月下旬から始める。現代を生き抜くうえで必要な知恵を、作家・哲学者・宗教家・歴史学者などの6人が披露したもので…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ