メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

定年延長

関連キーワード

  • 定年後再雇用(2016年05月14日 朝刊)

    年金の支給開始年齢が段階的に65歳まで引き上げられるため、高年齢者雇用安定法では2006年から企業に対し、支給開始年齢までの雇用確保を義務づけている。方法は定年延長や廃止、再雇用(継続雇用)。国の調査では、再雇用が8割超で最も多い。雇用契約を結び直す際、賃金水準を見直すケースが多いためとされる。1年契約の契約社員として雇うのが一般的だ。

  • 検察庁法改正案(2020年06月25日 朝刊)

    検察官の定年を現在の63歳(検事総長は65歳)から段階的に65歳に引き上げる法案。政府が必要とすれば、幹部が最長3年とどまれる特例が盛り込まれていた。しかし、時の政権に都合のよい幹部だけを残す恣意(しい)的な運用ができるとの批判が噴出。安倍政権は1月末に黒川弘務・東京高検検事長(当時)を法解釈変更という異例の手法で定年延長したが、これを「後付けで正当化するためでは」との疑念も広がった。反対機運の高まりを受け、政府・与党は通常国会での成立を断念した。いったん廃案とし、特例規定の修正などを検討する。

  • 賭けマージャン問題(2020年10月14日 朝刊)

    新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が出ている中、当時の黒川弘務・東京高検検事長と朝日新聞社員(元記者)、産経新聞記者2人が賭けマージャンをしていた問題が5月に発覚。黒川氏は辞職し、4人は市民団体などに告発されたが不起訴処分となった。マージャン時には黒川氏の定年延長を認める閣議決定や、検察幹部の定年延長を政府の判断で可能にする検察庁法改正案への抗議が広がっていた。

最新ニュース

国家公務員法改正案、提出へ 検察幹部の特例は削除 閣議決定(2021/4/14)会員記事

 検事長ら検察幹部の勤務延長を可能にする特例規定が批判を浴びて廃案になった検察庁法改正案について、政府はこの規定を削除して今国会に再提出する方針を決めた。13日、こうした内容の同法案を含む国家公務員法…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&TRAVEL】親子の絆 特別な一枚

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&TRAVEL】絶品ハンバーグ 愛され洋食

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】彩り鮮やかで野菜たっぷり

    ポンガラカレー(東京・赤坂)

  • 写真

    【&w】黒糖蒸しパンとチャイの味

    私のファミリーレシピ

  • 写真

    好書好日「2021年本屋大賞」が決定

    DVや児童虐待を浮き彫りに

  • 写真

    論座憲法53条が死ぬとき

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンジャケパンのコツとは?

    知っておきたいマナーを解説

  • 写真

    Aging Gracefullyマスク生活での肌の悩み

    目元ケア&リフトアップ

  • 写真

    GLOBE+塩谷舞さんのイベント募集中

    バズりをやめたら見えたもの

  • 写真

    sippo犬猫を見守れるペットカメラ

    首振り機能と行動ログが技あり

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ