メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

宝塚市

関連キーワード

  • 宝塚市のカラオケ店火災(2009年06月29日 夕刊)

    07年1月20日午後6時半ごろ、兵庫県宝塚市安倉南2丁目の2階建てカラオケ店「ビート」の1階で調理中の鍋から出火。2階客室の田中真さん(当時18)、平嶋優樹さん(同17)、大本泰史さん(同16)が死亡し、女子中学生ら5人が負傷した。県警は1月、調理をしていた元従業員の女性らを業務上過失致死容疑などで逮捕。神戸地裁は同10〜12月、女性に禁固1年6カ月、元経営者男性に禁固4年を言い渡した(いずれも確定)。宝塚市側の刑事責任について、県警は「市条例に基づく届け出を受けておらず、防火態勢の不備をチェックできなかった」として立件していない。

  • 宝塚市の汚職事件(2010年09月30日 朝刊)

    阪上善秀前市長が「宝塚すみれ墓苑」の開発やプラスチックごみのリサイクル事業をめぐり、業者から現金1100万円を受け取ったとして収賄と受託収賄の罪で起訴された。前市長は今年6月、懲役2年、追徴金1100万円の実刑判決が確定し、現在服役中。同市では前々市長も在任中に収賄罪で起訴され、有罪判決を受けた。2代続けての市長の汚職事件を受け、市政改革が急務になっている。

  • 宝塚市議会の政務調査費(2010年12月15日 朝刊)

    月額61万円の議員報酬のほかに、議員1人当たり月に10万円が支給される。政務調査費は調査研究活動のための資料のコピー代、文房具や電話代、視察の交通費などに使うことができる。07年度分から領収書の添付が義務付けられた。17日の市議会本会議に、月額8万円に減額することや、不正が疑われる場合は市長が返還命令を出せると明記した「政務調査費に関する条例改正案」が提案される予定。

最新ニュース

写真・図版

月城かなとの演技力で今夏よみがえる 宝塚版グレート・ギャツビー(2022/5/25)

 宝塚歌劇団は米文学の傑作をもとにしたミュージカル「グレート・ギャツビー」を7月に、月組で再演する。5月25日に都内で開かれた制作発表で、月組トップスター月城(つきしろ)かなとが名曲「朝日の昇る前に」…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】食卓華やぐアクアパッツァ

    冷水希三子の何食べたい?

  • 写真

    【&M】覚悟して向かった赴任先

    宿舎のガーデンで出会った子猫

  • 写真

    【&Travel】写ったのは薄れかけた記憶

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&M】裏路地に、熟練スパイスの技

    口福のカレー 東京・西新宿

  • 写真

    【&w】先生の「大丈夫」に救われて

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日鬼滅の刃はバナナ型神話?

    神々が生きるサブカルの世界

  • 写真

    論座ウクライナ、防衛費、核

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンモンブランから到着!

    地球に優しい新作バッグ

  • 写真

    Aging Gracefully40周年を迎えた野宮真貴さん

    生き方や日々の思い

  • 写真

    GLOBE+反撃能力とはどんな能力か

    専守防衛との関係は

  • 写真

    sippo猫に異変が!慌てる飼い主 

    動物看護師の冷静な対応が奏功

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ