メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月13日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

室町時代

関連キーワード

  • 源氏物語・大沢本(2009年10月30日 朝刊)

    奈良県内の大沢家に伝わった源氏物語全54帖の写本。豊臣秀吉から下されたとの伝承がある。鎌倉中期〜南北朝期に完成し、欠けた巻を室町末期に補ったと考えられている。「蜻蛉巻」は室町時代中期の連歌師・肖柏の筆、「花宴巻」は鎌倉時代初期の歌人・寂蓮法師の筆などとされるが証拠はない。

  • 瀬田の唐橋(2009年11月28日 夕刊)

    「急がば回れ」語源琵琶湖の南端・瀬田川にかかり、東国から京に上る交通の要衝だった。壬申の乱(672年)では激戦地となり、室町時代に唐橋を詠んだ短歌「もののふの矢橋の舟は速けれど急がば回れ瀬田の長橋」から、「急がば回れ」の語源になった。武田信玄は「瀬田の唐橋に我が軍旗を立てよ」と遺言したと伝わる。松尾芭蕉は「五月雨に隠れぬものや瀬田の橋」と詠んだ。

  • 幸若舞(2010年01月20日 朝刊)

    室町時代初期に越前国(現福井県)で始まり、信長、豊臣秀吉らに愛好された。明治に入って急速に衰え、残っているのはみやま市瀬高町大江地区だけ。76年に国の重要無形民俗文化財に指定。地元の幸若舞保存会が毎年1月20日、五穀豊穣(ほうじょう)を祈って大江天満神社の幸若舞堂で奉納している。

最新ニュース

写真・図版

陸軍将校の日本刀、80年ぶり帰郷 元米兵の孫、返還までの東奔西走(2022/8/5)

 この夏、一振りの刀がほぼ80年ぶりに宮崎県に帰ってきた。「志賀関」の呼び名を持つ日本刀。太平洋戦争に出征した陸軍将校とともに宮崎を離れ、中国、韓国、沖縄を経て終戦後に米国へ。巡り巡って刀を手にした元…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】「カツカレー」発祥の店

    口福のカレー

  • 写真

    【&Travel】香港のイメージ通りの場所で

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&TRAVEL】気になるピンクのハート

    上から撮るか、下から撮るか

  • 写真

    【&M】僕に大切にされてね。

    ドキドキを提供する歌

  • 写真

    【&w】希望を灯したのは妻の言葉

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日上白石萌音が訳す赤毛のアン

    翻訳家河野万里子と往復書簡

  • 写真

    論座元首相銃撃 残った課題(上)

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン環境に配慮した素材を用いた

    メレルのスニーカー

  • 写真

    Aging Gracefully更年期の対処法とは

    スペシャル対談 Vol.4〈前編〉

  • 写真

    GLOBE+女性映画の世界がわかる本

    韓国エンタメの新しい波

  • 写真

    sippo天から与えられたプレゼント

    白猫は音のない世界を生きる

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ