メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

宮古市

関連キーワード

  • 仮設住宅での医療ケア(2011年05月13日 朝刊)

    阪神大震災では仮設住宅での孤独死が相次いだ。支援の目が届きにくくなったのが原因とされ、今回はその教訓を生かした医療・福祉の充実が求められている。宮古市は、田老地区の宿泊施設「グリーンピア三陸みやこ」の敷地内で建設が進む計400戸の仮設住宅のため仮設診療所を開く。宿泊棟の一角に医療機器を備え、内科医1人が常勤。仮設住宅の一室で地区の歯科医が仮設医院を開く計画もある。

  • JR岩泉線(2013年12月23日 朝刊)

    JR山田線の茂市駅(宮古市)から岩泉駅(岩泉町)までの38・4キロ。全9駅。盛岡や宮古に出られる生活路線として1972年に全線開通した。2010年の土砂崩れ脱線事故以来、運休。JR東日本は今年11月、廃止届を国交相に提出した。

  • 鎮魂の巡礼(2012年04月20日 朝刊)

    公演は国際交流基金の主催。創作和太鼓の鬼太鼓座らプロミュージシャンによる音楽を通じた国際交流に、湧水神楽、黒森神楽(ともに宮古市)、臼澤鹿子踊(大槌町)が加わった。2月29日に出発し、3月27日に帰国するまで、アメリカ、フランス、中国の8都市で11公演した。

最新ニュース

写真・図版

高齢者への接種開始1カ月 完了はわずか1%(2021/5/12)

 岩手県内で新型コロナウイルスの高齢者向けのワクチン接種が始まってから12日で1カ月になる。5月に入って本格化しているものの、接種を終えた高齢者はわずか1%にとどまる。菅義偉首相が掲げる7月末までの完…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ