メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

家庭裁判所

関連キーワード

  • 家庭裁判所調査官(2017年11月15日 朝刊)

    離婚や親権などを扱う家事事件、非行をした少年の処分などを決める少年事件で、少年や家族、関係者に会うなどして、事実調査のほか、生活環境や成育歴、少年の性格、特性、学校生活、非行の動機などを調べる。判事は、その報告を受け、少年の要保護性を考慮して処分などを決める。

  • 成年後見制度(2017年06月08日 朝刊)

    認知症や精神疾患によって十分な判断能力を持たない成人のため、親族などの申し立てを受けて家庭裁判所が後見人を選任。後見人には親族のほか、弁護士や司法書士が選ばれる。後見人の業務は財産管理や日用品の購入、医療・介護の契約など多岐にわたる。

  • 里子の権利(2008年10月01日 朝刊)

    県里親会の日野慶次郎理事長によると、「統計はとっていないが、被虐待児童の場合、実親にスムーズに引き取られることは少ない」という。一緒に暮らすうちに、養子に、と望む里親もいる。だが、15歳未満の未成年の場合、家庭裁判所の許可と親の同意が必要だ。15歳以上であれば、家裁の許可があれば、子どもの意思で養子縁組ができる。18歳になれば里親と子どもが話し合って養子縁組できるという。また、養子縁組をしていなくても、学校など生活環境によっては里親の姓を名乗らせることも可能だという。

最新ニュース

どうしたら命を救えたのかの視点で、共同で検証を(2018/7/19)

 「もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします」 今年3月に東京都目黒区で父親(33)から虐待を受けて死亡したとされる船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)がノートにつづっていた言葉は、社会に衝撃…[続きを読む]

写真

  • 死後の財産管理に「家族信託」の活用も
  • 遺言書は作成するだけでは問題が起きることも
  • 孤児として生きた戦後を振り返る山川信子さん(中央)と、叔母の仲間春子さん(左)、叔父の小橋川萬三さん=20日、金武町の山川さん宅
  • 18歳成人を取り巻く危険
  • 18、19歳が陥る可能性のある危険
  • 生後すぐの男の子を特別養子縁組で迎えた。女性は「幸せをもらっている」と話す=2017年7月、仙波理撮影
  • 大学に進学し一人暮らしだが、頻繁に家族とは連絡をとっている。「縁組後は自然体で人生を歩んでいる感じがします」と話す女性
  • 放棄された薬品工場の跡地。市による再開発が想定されている=独ドレスデン、吉田美智子撮影
!

Amazon Pay導入記念プレゼントキャンペーン実施中

!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】オフラインでも使えて安心

    英・中・韓に対応の音声翻訳機

  • 写真

    【&TRAVEL】「幸せの国」フィジー

    観光のプロに聞く魅力〈PR〉

  • 写真

    【&M】親子の絆を深める5つの絵本

    想像力と創造性が高まる!

  • 写真

    【&w】私が知らない妹の20年間

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日和洋折衷の痛快アクション

    「BLEACH」佐藤信介監督

  • 写真

    WEBRONZA民主主義を重視しない若者たち

    民主主義とのディスコネクト

  • 写真

    アエラスタイルマガジン週末の家飲みおすすめワイン

    日々の食事を楽しめるワイン

  • 写真

    T JAPANG・マッタ=クラーク回顧展

    彼が空き家を二つに切った理由

  • 写真

    GLOBE+世界はどこに向かうのか

    朝日地球会議インタビュー

  • 写真

    sippo繁殖業者が手放した白い犬

    「もう産めないから」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ