メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月07日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

宿毛市

関連キーワード

  • バイオマスタウン構想(2009年06月16日 朝刊)

    家畜の排泄(はいせつ)物や稲わら、枯れ草などを生物資源として再利用するシステムを構築し、循環型社会をめざす構想。農林水産省が07年度から自治体に「地域バイオマス利活用交付金」を出して支援している。同省によると、5月末現在、須崎市と宿毛市、梼原町の県内3市町を含む全国213市町村が構想を公表している。

  • ヤイロチョウ(2015年04月24日 朝刊)

    羽に多くの色があり、漢字では「八色鳥」。スズメより一回り大きい。日本では1937年に山奈村(現宿毛市)で初めて繁殖が確認された。5月中旬に東南アジアから飛来して卵を産み、子育てを終えた秋に南下する。近年の生息個体数は全国で推定100〜150羽程度。環境省のレッドリストで、将来に絶滅する恐れが高い「絶滅危惧IB類」に分類されている。

  • 大雨特別警報(2018年07月10日 朝刊)

    数十年に一度の降雨量が予想される場合に気象庁が発表する。2013年運用開始。広範囲で、3時間降水量もしくは48時間降水量、および土壌雨量指数が「50年に一度」の指標を超えた場合に出される。高知市の48時間降水量の指標の平均値は1062ミリ、本山町1025ミリなど。今回特別警報が出された大月町の3時間降水量の平均値は163ミリ、宿毛市は167ミリだった。

最新ニュース

写真・図版

高知)原告が会見 ビキニ水爆実験巡る訴訟(2020/8/1)会員記事

 米国が1954年に太平洋・ビキニ環礁周辺で実施した水爆実験で、被曝(ひばく)した県内の元マグロ漁船員とその家族らが、全国健康保険協会(東京都)に対して、労災申請にあたる船員保険の適用を不認定とした処…[続きを読む]

宿毛市をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ