メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

富士山

富士山

関連キーワード

  • 富士山レンジャー(2010年06月17日 朝刊)

    2005年6月に発足。現在4人が任命されているほか、半年間の臨時レンジャー2人がいる。富士吉田市など富士北麓(ほくろく)の1市6町村の約3万7千ヘクタールで、貴重な動植物を保護し、不法伐採や不法投棄、車両の違法乗り入れを監視するが、法令上の権限は一切なく、活動は啓蒙(けいもう)や啓発が中心だ。学校に出向く環境教育活動は05年度からスタート。小、中、高、大学などの参加は、同年度に15件・412人だったが、09年度は41件・1547人と年々増えている。

  • 富士山測候所(2012年11月28日 朝刊)

    明治時代に気象学者の野中到(故人)が私財を投じて建設し、後に国に寄贈した。大気構造の解明、天気予報の精度向上には障害物のない高所観測が重要とされた。2007年からは、富士山測候所を活用する会が大陸からの環境汚染や永久凍土などの研究を続ける。

  • 世界遺産と富士山(2014年07月28日 朝刊)

    富士山は当初、地形や生態系で評価されるユネスコの「世界自然遺産」への登録を目指したが、ゴミ問題などが影響し、国内選考の段階で「落選」。その後、信仰の対象や芸術の源泉として重要という観点から「世界文化遺産」に目標を切り替え、昨年6月、登録が決まった。だが、ユネスコの世界遺産委員会の諮問機関である国際記念物遺跡会議(イコモス)は、「来訪者の増加が相当の問題を引き起こしている」などと指摘。2016年2月1日までに保全状況の報告書を提出するという条件つきの登録となった。世界遺産委員会が、価値がなくなったと判断した時には「抹消」という措置があり、09年にはドイツの「ドレスデン・エルベ渓谷」が登録を抹消された。

最新ニュース

写真・図版

山梨)県産米100%に「笹一」を一新 大月の笹一酒造(2020/2/16)

 山梨県大月市の笹一酒造は、日本酒「笹一」の商品内容を一新し、2月から販売を始めた。富士山に由来する天然水と県産米だけで醸造する銘柄として、純米から純米大吟醸まで5種類をそろえた。 同社によると、「笹…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&AIRPORT】日系航空会社だけで十分?

    知らないと損するマイル活用術

  • 写真

    【&TRAVEL】町家旅館の名物ごはん

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】レジャー向けパーソナルカー

    ダイハツ・フェローバギィ

  • 写真

    【&w】オスカーのドレスは主張する

    もっと知りたいアカデミー賞

  • 写真

    好書好日関係が冷えている今こそ愛を

    日韓の人気ラッパーが対談

  • 写真

    論座汚染源は在沖米軍基地

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンホテルで買う老舗の和菓子

    The Okura Tokyo

  • 写真

    T JAPAN片岡孝太郎から千之助へ

    新時代へ家の芸をつなぐ

  • 写真

    GLOBE+一流楽団にもジェンダー問題

    NYT世界の話題

  • 写真

    sippo保護犬・猫を空輸して譲渡

    でも収容数が減らない島の現実

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ