メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

富山市

関連キーワード

  • 富山市の事業再点検(2010年10月23日 朝刊)

    点検チームは、市の部次長や課長級のベテラン職員7人で構成。今年度から、393件について検討を重ね、今回は104件について一定の結論を出した。事業に関しては、廃止を含めて検討(21件)▽数年を経たうえで事業を廃止(6件)▽外部委託(3件)▽整理統合(13件)▽簡素化・規模縮小(5件)▽要改善(36件)▽拡充(7件)の7段階で判断。施設や組織に関しては、廃止(2件)▽民営化(2件)▽指定管理者制度へ移行(5件)▽再編統合(4件)の4段階に分けて判断した。

  • 富山市の殺人放火事件(2012年12月29日 朝刊)

    2010年4月20日午後0時半ごろ、富山市大泉にある3階建てビルの2階部分から出火し、焼け跡の寝室から会社役員、福田三郎さんと妻信子さんが遺体で見つかった。夫妻の首には絞められた跡があった。県警は、警部補の加野猛容疑者が灯油とひもを持ち込み夫妻の首を絞めて放火した疑いがあるとみて、殺人と現住建造物等放火、死体損壊の疑いで今月22日に逮捕した。

  • 富山市行政苦情オンブズマン(2013年04月18日 朝刊)

    2002年に設立された。市長の委嘱した有識者ら3人が市の業務執行などの適正さを調べ、改善の必要があれば市に勧告する。毎年度5〜10件ほどの苦情申し立てがあるが、これまでに市の業務を不適切だと指摘し、改善を求めたことはない。

最新ニュース

写真・図版

謀反後の山崎の戦い 光秀は土壇場で重臣に見限られた?(2021/1/17)有料会員記事

 天正10(1582)年の本能寺の変から87年後にまとめられた「乙夜之書物(いつやのかきもの)」。この書物には、主君の織田信長(1534~82)を討ち取った明智光秀(1528?~82)が、「中国大返(…[続きを読む]

富山市をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】子どもの好奇心に寄りそう

    厚切りジェイソンさん

  • 写真

    【&w】さっぱり味のしょうが焼き

    冷水希三子の何食べたい?

  • 写真

    【&TRAVEL】南紀白浜の伊勢エビに感激

    はなのたびたび旅日記

  • 写真

    【&M】「儲かる」は重要ではない

    加速する“閉じる仕事”

  • 写真

    【&w】ビジネスシステムの限界?

    ピエール・カルダン死去の意味

  • 写真

    好書好日女の子はなんでもできる!

    冨永愛さん、絵本初翻訳

  • 写真

    論座コロナ罰則で感染者は増える

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン町田啓太と共に育ちゆくモノ

    バッグと革小物。②

  • 写真

    Aging Gracefully俳優・吉田羊インタビュー

    公私ともに挑戦の日々がつづく

  • 写真

    GLOBE+返済免除の公約実行できるか

    ローンに苦しむ学生の主張

  • 写真

    sippo奄美の猫救う譲渡型猫カフェ

    人のため動物が処分されぬよう

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ