メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

富山市

関連キーワード

  • 富山市の事業再点検(2010年10月23日 朝刊)

    点検チームは、市の部次長や課長級のベテラン職員7人で構成。今年度から、393件について検討を重ね、今回は104件について一定の結論を出した。事業に関しては、廃止を含めて検討(21件)▽数年を経たうえで事業を廃止(6件)▽外部委託(3件)▽整理統合(13件)▽簡素化・規模縮小(5件)▽要改善(36件)▽拡充(7件)の7段階で判断。施設や組織に関しては、廃止(2件)▽民営化(2件)▽指定管理者制度へ移行(5件)▽再編統合(4件)の4段階に分けて判断した。

  • 富山市の殺人放火事件(2012年12月29日 朝刊)

    2010年4月20日午後0時半ごろ、富山市大泉にある3階建てビルの2階部分から出火し、焼け跡の寝室から会社役員、福田三郎さんと妻信子さんが遺体で見つかった。夫妻の首には絞められた跡があった。県警は、警部補の加野猛容疑者が灯油とひもを持ち込み夫妻の首を絞めて放火した疑いがあるとみて、殺人と現住建造物等放火、死体損壊の疑いで今月22日に逮捕した。

  • 富山市行政苦情オンブズマン(2013年04月18日 朝刊)

    2002年に設立された。市長の委嘱した有識者ら3人が市の業務執行などの適正さを調べ、改善の必要があれば市に勧告する。毎年度5〜10件ほどの苦情申し立てがあるが、これまでに市の業務を不適切だと指摘し、改善を求めたことはない。

最新ニュース

写真・図版

(みちのものがたり)日本一遠い温泉への道 富山県 ひとっ風呂浴びに3泊4日(2019/9/14)有料記事

 白く濁ったお湯に肩までつかる。硫黄のにおいが漂う。熱すぎず、ぬるすぎず、絶妙の湯加減だ。思わず、ほぅと息が出る。体にじんわりと温かみが広がる。 丸2日、十数時間かけて、登り下りを繰り返し、シャツが絞…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ