メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

富山県警

関連キーワード

  • 山岳警備隊(2011年03月01日 朝刊)

    山岳救助に関する組織は全国の警察や消防にある。富山県警の山岳警備隊は、難度が高いことで登山者に人気の北アルプス・立山連峰を抱え、その技術から「日本一」とも評される。1965年に発足し、現在は隊長以下29人が所属。北アルプスの三つの派出所を拠点に隊員を駐在させているほか、警察署にも隊員がいる。

  • 焼肉酒家(さかや)えびす集団食中毒事件(2011年10月26日 朝刊)

    今年4月、北陸3県と神奈川県で焼き肉チェーンを展開する「焼肉酒家えびす」で発生、同月27日の富山県の発表で発覚した。4県の患者数は死者5人を含む計181人。同県は今月公表した中間報告で原因食材をユッケと断定した。富山県警と警視庁などの合同捜査本部は、運営会社のフーズ・フォーラス社(解散、清算手続き中)と卸業者「大和屋商店」(東京都)の両社に過失があったとみて、業務上過失致死傷容疑で調べている。

  • 焼肉酒家えびす集団食中毒事件(2015年04月27日 朝刊)

    2011年4月、北陸3県と神奈川県のえびす6店舗でユッケなどを食べた181人が発症、うち5人が死亡した。患者の多くから、腸管出血性大腸菌O(オー)111とO157が検出された。富山県警などの合同捜査本部は、えびすの運営会社「フーズ・フォーラス」(金沢市、特別清算中)や肉を卸した「大和屋商店」(東京)を捜索するなど、業務上過失致死傷容疑で捜査を続けている。事件を受け、同年10月にユッケなど生食用牛肉の提供基準が厳格化され、12年7月には生食用牛レバーの提共販売が禁止された。

最新ニュース

ユッケ食中毒「不起訴不当」 検察審議決、元社長ら2人に(2019/7/9)有料記事

 2011年に北陸3県などの焼き肉チェーン店「焼肉酒家(ざかや)えびす」でユッケを食べた客が食中毒を発症し5人が死亡した事件で、富山検察審査会は、富山地検が不起訴処分とした店の運営会社の元社長ら2人に…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&D】ドライブ中も目的地でも

    おすすめのおしゃれアイテム

  • 写真

    【&TRAVEL】夏の京都に欠かせないハモ

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】星乃あんりと歩く日比谷

    稲垣純也が撮る「街と彼女」

  • 写真

    【&w】甘酢っぱい夏の香りのサラダ

    冷水希三子の何食べたい?

  • 写真

    好書好日芥川賞ぜんぶ読んだ人

    直木賞すべて読んだ人と対談

  • 写真

    論座外国人の心をつかむポイント

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン注目の女優・山口まゆ

    思い描く理想の男性像とは

  • 写真

    T JAPAN奇妙な色と形の現代アート

    新しい抽象芸術のかたち

  • 写真

    GLOBE+英語はパブで鍛えました

    連載「バイリンガルの作り方」

  • 写真

    sippo京都の河川敷に野犬急増

    捨て犬が繁殖か?

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ