メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

富田林市

関連キーワード

  • 一人芝居身世打鈴(2017年01月30日 夕刊)

    シンセタリョンは「身の上話」の意。日本の植民地支配下にあった済州島から15歳のときに来日したオモニを新屋さんが演じ、代表作になった。実在するオモニへの聞き書き集が脚本のもとになった。白いチマ・チョゴリを着たオモニが戦争や差別に苦しみつつ、たくましく生きる半生を新屋さんは表現した。1973年4月に大阪市の喫茶店で初演。中国と韓国でも上演した。新屋さんは94年に劇団野火の会を創立し、大阪府富田林市を拠点に活動した。

最新ニュース

写真・図版

島根)石見智翠館、初戦の高岡商エース想定して打撃練習(2019/8/5)

 第101回全国高校野球選手権での初戦、高岡商(富山)戦を6日に控え、石見智翠館は4日、大阪府富田林市のグラウンドで約2時間練習に励んだ。相手エースを想定して、投球を右横手投げに統一してシート打撃をす…[続きを読む]

富田林市をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ