メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

対人地雷

関連キーワード

  • 対人地雷(2009年02月12日 夕刊)

    対戦車地雷に比べ殺傷能力は低いが、1個数百円で大量生産でき、「悪魔の兵器」とも呼ばれる。約80カ国に数千万個が埋められたとされ、エジプト、イラン、アフガニスタン、カンボジアなどが多い。07年の死傷者は世界で約600人。うち26%が18歳以下の子どもだった。99年に使用や製造などを全面禁止するオタワ条約が発効、日本など約160カ国が批准したが、米国やロシア、中国などはしていない。

  • 対人地雷全面禁止条約(2011年08月06日 朝刊)

    1997年12月にカナダのオタワで調印され、99年3月に発効。締約国は今年8月時点で156カ国で、3大地雷輸出国の米中ロは参加していない。大国が渋っても、NGOと有志国が条約づくりを主導する「オタワ・プロセス」と呼ばれる手法で実現した。中心となったNGOの連合体「地雷禁止国際キャンペーン(ICBL)」はノーベル平和賞を受賞。08年12月に調印されたクラスター爆弾禁止条約も、こうした手法で成立にこぎつけた。

最新ニュース

今週の朝日小学生新聞(2019/2/26)有料会員限定記事

 人を傷つけることを目的とした「対人地雷」の製造や使用の禁止を定めた「対人地雷全面禁止条約」(オタワ条約)が発効してから、3月1日で20年になります。 農地などに無差別に埋められることの多い対人地雷は…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ