メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

専門機関

関連キーワード

  • セーフコミュニティ(2008年07月23日 朝刊)

    地域の人々が一緒に安心で安全なまちづくりを目指す地域社会(コミュニティー)のこと。70年代後半、スウェーデンから始まった。世界保健機関(WHO)などがつくる専門機関「地域の安全向上のための協働センター」が推進し認証を行っている。認証に必要な六つの指標はたとえば、(1)より安全な地域づくりを目指し分野や領域の垣根を越えて協働で取り組む組織があること(2)傷害の頻度と原因を記録するプログラムがあること、など。日本セーフティプロモーション学会によると、4月現在、世界で133の地域社会がセーフコミュニティとして認証されている。

  • 児童養護施設と児童相談所(2010年01月15日 朝刊)

    いずれも児童福祉法に基づく施設。児童養護施設は乳児を除き、保護者がない、虐待されているなど家族による養育が難しい、おおむね18歳までの児童を養護し、自立を支援する施設で、児童相談所の決定を受けて入寮する。児童相談所は、虐待など18歳未満の子どもの諸問題の相談に応じ、助言などを行う専門機関

  • IMF(2011年11月05日 朝刊)

    187カ国が加盟する国際連合の専門機関。財政危機に陥った国に資金を融資し、財政再建を監視するなどして世界の通貨制度を安定させている。融資の財源となる加盟国からの出資金は3760億ドル(5月25日現在)。例えばギリシャには、専門家チームが3カ月に1度、検査に入る。問題点を指摘したうえで、順調に進んでいれば、融資を続ける。今回、イタリアには融資しないが、財政再建計画や年金問題など経済の構造改革の進み具合を3カ月ごとに点検し、順調に進んでいるとのお墨付きを与える方向だ。

最新ニュース

写真・図版

ワイン用に実験で植えたら…1年半で2度実ったブドウが初出荷(2022/7/29)

 沖縄県今帰仁村謝名の「米須ぶどう園」で5日、赤ワイン用のブドウ品種「メイヴ」が初出荷された。栽培実験用に苗の提供を受けた生産者の米須清和さん(67)が、昨年1月に園内に10本植えたところ、ほとんど手…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】広い室内と使い勝手の良さ

    キャンピングカーで行こう!

  • 写真

    【&Travel】香港の気になる男性と警察官

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&Travel】「雪の玉」は断食のお菓子?

    欧州おいしい旅・ドイツ

  • 写真

    【&M】自然とテクノロジーの融合

    ボルボ、チームラボのアート展

  • 写真

    【&w】ココナツ香るゴーヤ炒め

    料理家冷水希三子の何食べたい

  • 写真

    好書好日「鬼滅の刃」における「死」

    宗教学者・石井研士さんが考察

  • 写真

    論座沖縄県知事選の勝敗のカギ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン優れた機能性の万能な一着

    4方向に伸縮するジャケット

  • 写真

    Aging Gracefully肌のポテンシャルに上限なし

    がんばらなくてもキレイを保つ

  • 写真

    GLOBE+金正恩夫妻のプライベート

    公表した北朝鮮、その狙いは

  • 写真

    sippo犬の歯みがきのやり方

    嫌がる犬の歯をみがくには

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ