メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

将棋会館

関連キーワード

  • プロアマ戦(2012年07月10日 夕刊)

    プロと女流棋士、アマが出場する朝日杯将棋オープン戦のトーナメント1次予選1回戦で行われる。アマ10人がそれぞれプロと対戦。今回は7日に東京・築地の朝日新聞東京本社で5局、大阪・福島の関西将棋会館で4局指された。例年は1日で10局だが、今年は1局延期された。

  • 奨励会(2013年09月10日 夕刊)

    正式名称は「新進棋士奨励会」。毎年8月に入会試験がある。最下級の6級でもアマ三、四段の実力が必要。二段までは関東(東京・将棋会館)と関西(大阪・関西将棋会館)に分かれ対局。規定の成績を収めると昇級、昇段するが、級位者は21歳の誕生日までに入段しなければ退会する。三段リーグは関東・関西合同のリーグ戦となり、年間4人が四段に昇段しプロになる。女流棋士の里見香奈女流四冠(21)も奨励会に在籍し、現在二段。「女流棋士」ではなく「棋士」をめざし、対局を重ねる。

最新ニュース

写真・図版

仲邑菫や藤井聡太の集中力がつくかも 子ども教室が人気(2019/9/17)有料記事

 囲碁や将棋を習う子ども向けの入門教室が盛況だ。囲碁の仲邑(なかむら)菫(すみれ)初段(10)、将棋の藤井聡太七段(17)という超新星の登場で一気に注目が集まった。子どもを通わせる親たちは、集中力や想…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ