メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

小布施町

関連キーワード

  • 法政大・小布施町地域創造研究所(2013年09月28日 朝刊)

    2011年7月、小布施町と法政大が協定書に調印して設立された。同町のまちづくりに関して、政策形成や人材育成などソフト面での研究を進めるのが目的。研究所は町役場にあり、教授や研究員、学生らがテーマごとに調査研究活動を行う。同町の官学連携は東京理科大の「まちづくり研究所」、信州大の「地域環境研究室」に続き3例目。所長は、法政大大学院の中嶋聞多教授(地域活性論)で、所員は5人。

  • アートなまちづくり研究会(2010年09月17日 朝刊)

    昨年10月、国の緊急経済対策に基づき県が創設した「ふるさと雇用再生特別事業」を活用して発足した市民団体。市の委託を受け、2012年3月までの期間限定で活動している。同じく江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎による町おこしに取り組む長野県小布施町なども参考にしている。豊かな水資源や歌麿作品といった地域資源の発窪活用を通して、雇用促進や市のイメージアップにつながるまちづくり事業に取り組んでいる。

  • スラックライン(2014年10月19日 朝刊)

    日本スラックライン連盟の小倉一男理事長によると、国内競技人口は現在約200人で、愛好者は4万人を超える。競技では長さ15〜25メートル、高さ1メートルほどにベルトを張ることが多い。連盟公認の全国大会は、10月の小布施町を含め年間計6大会。1対1で対戦し、互いに2分間、ベルトの上で技を披露し、審判の判定によるポイントで競う。技は100種類以上あるという。

最新ニュース

写真・図版

長野)小布施牧場でチーズ工房完成の記念イベント(2020/1/13)

 特産の栗で有名な長野県小布施町にある小布施牧場で12日、町内初となるチーズ工房の完成記念イベントがあり、来訪者にモッツァレラチーズと搾りたての牛乳を使った特製スープが振る舞われた。 同牧場は、酪農学…[続きを読む]

小布施町をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&AIRPORT】空の上のレストランで舌鼓

    フィンエアーで過ごす極上の旅

  • 写真

    【&TRAVEL】エメラルド色の水にうっとり

    魅せられて 必見のヨーロッパ

  • 写真

    【&M】“名”レーシングカー

    ジャガーDタイプ

  • 写真

    【&w】食べるのがもったいない

    小豆そのままの生きんつば

  • 写真

    好書好日五輪・最後の出場枠への決意

    プロサーファー野中美波さん

  • 写真

    論座死について語り合おう

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンホテルで買う老舗の和菓子

    The Okura Tokyo

  • 写真

    T JAPAN片岡孝太郎から千之助へ

    新時代へ家の芸をつなぐ

  • 写真

    GLOBE+笑顔で謝るあの子は誰?

    工事現場看板の笑顔の理由

  • 写真

    sippo林に捨てられ骨折していた猫

    それでも見つかった温かな家

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ