メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

小沢一郎

関連キーワード

  • 小沢一郎氏の政治とカネ(2012年11月26日 朝刊)

    資金管理団体「陸山会」の土地取引事件をめぐり元秘書らが逮捕、起訴された。小沢氏自身は不起訴となったが、検察審査会の2回の議決で強制起訴。民主党は小沢氏を無期限の党員資格停止処分とした。小沢氏は一、二審で無罪となり、今月19日に判決が確定。

  • 民主党の陳情一元化の新ルール(2009年12月13日 朝刊)

    自治体からの陳情は、党都道府県連を窓口にして党幹事長室で集約。高嶋良充・筆頭副幹事長ら14人の副幹事長が仕分けて、最終的に小沢一郎幹事長が鳩山首相や政務三役に伝える。知事ら首長による大臣ら政務三役への陳情は、禁止とは明文化されていない。高嶋氏は「意見交換は規制していない」と説明し、今のところ党幹事長室の了解を得て面会するよう運用している。首長が官僚に「陳情」することはふさわしくないとされており、「情報交換」などの名目で官僚と会うことについては基準はない。

  • 外国人選挙権(2009年12月15日 朝刊)

    永住外国人が地方自治体の首長・議員選に投票できる選挙権を認める法案を民主党は検討している。選挙権は参政権の一部で、参政権のうち、立候補する被選挙権や、リコールなど直接請求権は見送る見通し。永住外国人は08年末で91万人で全人口の1%未満。小沢一郎幹事長は来年の通常国会提出に言及している。

最新ニュース

小沢一郎が明かす「宮沢内閣誕生の舞台裏」(2019/10/21)

一夜にして翻った金丸、竹下、小沢の決定 小沢一郎が政治改革の旗を高く掲げて有志とともに自民党を割り、日本政界に嵐を巻き起こす前夜、日本の政治は高くて厚い壁にぶち当たっていた。 その壁の内側では、竹下登…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ