メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月05日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

小渕恵三

関連キーワード

  • 日中韓首脳会談(2015年11月02日 朝刊)

    1999年、当時の小渕恵三首相が働きかけ、東南アジア諸国連合と日中韓(ASEAN+3)首脳会議に合わせる形で始まった。2008年からはASEANとは別に3カ国持ち回りで毎年開催。北朝鮮情勢を議論したり、経済や防災などで協力を深めたりしてきた。だが、日中、日韓関係の悪化が影響し、12年5月に北京で開かれて以来、3年以上開かれていなかった。

  • 日韓共同宣言(2018年11月14日 朝刊)

    副題は「21世紀に向けた新たな日韓パートナーシップ」。過去を直視しつつ、未来志向の関係に変えていこうと、1998年10月、小渕恵三首相と金大中大統領が署名した。政治、経済、文化など広範囲の交流拡大を盛り込んだ43項目の行動計画が作られ、両国関係は急進展した。

  • 平成地区(2019年12月17日 朝刊)

    関市の旧武儀町にある世帯数9戸(1989年当時)の集落。日本で唯一、新元号「平成」と同じ表記の地名だということで話題になった。平成地区の人が特産のシイタケを手に「平成おじさん」と呼ばれた小渕恵三官房長官(当時)を訪ねたほか、地区に「元号橋」が整備された。「平成武儀町音頭」もできた。

最新ニュース

(社説余滴)堺屋さんなら今をどう見る 速水徹(2020/7/26)会員記事

 6421万人。日本の人口の約6割が足を運んだ計算だ。1970年に大阪で開かれた日本万国博覧会から今年で半世紀になる。 万博を推進した故・堺屋太一さんの熱弁に触れた夜を思い出す。22年前。万博の裏舞台…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ