メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月09日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

就学援助

関連キーワード

  • 就学援助(2020年05月31日 朝刊)

    小中学生の子がいる経済的に苦しい世帯に、学用品費などを援助する制度。各市町村が認定し支給する。文部科学省によると、受給する児童生徒は約126万人(2018年度)。援助には給食費も含まれ、休校で給食がなくなると、家庭などで昼食を食べるための実費が発生する。

  • 就学援助制度(2009年10月25日 朝刊)

    文部科学省によると、子どもが公立に通う保護者の学校生活にかかる年間負担額は、1人平均で小学生9万7500円、中学生16万9700円(06年度)。制度はこうした部分を公的に支援しようというもので、対象は生活保護を受けている「要保護児童生徒」と、それに準じて経済的に厳しい「準要保護児童生徒」。「準要保護」は各市町村教委が認定基準を決める。文科省によると、対象となる全国の児童生徒は97年度は約78万4千人、全体の6.6%だったが、07年度は約142万1千人、全体の13.7%と急増している。

  • 就学援助(2014年06月27日 朝刊)

    学校教育法は、生活が苦しい世帯に小中学生の学用品費や通学費、医療費などを支給するよう定めている。生活保護利用者と自治体が認める生活困窮世帯が対象で、「所得が生活保護基準の1.2倍以内」などと各自治体で定める。津市の場合、両親と子ども2人のモデル世帯で、年間所得合計の基準は約28万円引き下げられた。新入生1人あたりの年間支給額は8万5千円程度という。

最新ニュース

写真・図版

佐賀県内で広がる「こども宅食」の支援 見えてきた課題(2021/4/29)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、経済的に苦しい子育て家庭に、食品を届ける「こども宅食」のニーズが高まっている。佐賀県内では昨年秋、新たに五つの団体が発足し、支援の輪が広がった。一方で、活動を…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】子どもの好奇心に寄りそう

    厚切りジェイソンさん

  • 写真

    【&w】初夏のメイク、トレンドは?

    薄塗り軽やか、素肌感

  • 写真

    【&TRAVEL】嵐で流木にぶつかる!

    カヌーでユーコン川下り(3)

  • 写真

    【&M】「レクサスはつまらない」

    酷評された屈辱をバネに

  • 写真

    【&w】習い事、はじめました

    篠原ともえ アイデアのありか

  • 写真

    好書好日生きるヒントを込めた一杯

    マンガで学ぶ移動珈琲屋の仕事

  • 写真

    論座「ソンダー」で差別をなくす

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン贈り物にふさわしい

    ブルガリのギフトコレクション

  • 写真

    Aging Gracefully企業向けのオンライン勉強会

    エンパワーメントを目指して

  • 写真

    GLOBE+権利求める障害者わがまま?

    全盲の弁護士が断言した内容

  • 写真

    sippo保護犬の預かりボランティア

    留守番、時間のやりくりのコツ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ