メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月06日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

居住制限区域

関連キーワード

  • 避難指示区域の再編(2013年08月08日 朝刊)

    東京電力福島第一原発事故の翌月の2011年4月、政府は原発から20キロ圏の警戒区域とその外側の計画的避難区域を設定し、住民に避難を指示した。11年末、これらの区域を、(1)12年3月から数えて5年以上戻れない帰還困難区域(年間放射線量50ミリシーベルト超)(2)数年での帰還をめざす居住制限区域(同20ミリ超〜50ミリ以下)(3)早期の帰還をめざす避難指示解除準備区域(同20ミリ以下)——の3区域に再編すると決定。(2)と(3)は住民の立ち入りが自由だが、原則宿泊できない。(1)は立ち入りが制限される。

  • 避難区域(2013年05月25日 朝刊)

    政府は原発から半径20キロ圏内の警戒区域と圏外で年20ミリシーベルト以上の計画的避難区域について、11年11月当時の放射線量に基づき(1)5年以上帰れない帰還困難区域(年50ミリシーベルト超)(2)数年で帰還を目指す居住制限区域(年20超〜50ミリシーベルト)(3)早期帰還を目指す避難指示解除準備区域(年20ミリシーベルト以下)に再編。賠償額は区域で異なる。

  • 川内村の避難指示(2014年09月08日 朝刊)

    村は避難指示が出ている原発20キロ圏の(1)居住制限区域(18世帯54人)(2)避難指示解除準備区域(139世帯275人)と、30キロ圏の(3)旧緊急時避難準備区域(991世帯2417人)に大きくわかれる。政府が8月17日に開いた住民懇談会で(2)の避難指示解除方針と(1)から(2)への再編方針を決めた。(1)と(2)は第五、第七、第八と三つの行政区にまたがり、第八は109世帯223人と最も多い。解除に向けた長期宿泊は4月26日から実施されたが、実際に宿泊しているのは10世帯程度にとどまる。世帯数と人数は6月1日現在。

最新ニュース

作家・柳美里さんが福島につくった本屋「フルハウス」 絶望した人の「魂の避難場所」に(2021/2/27)

お話を聞いた⼈柳美里(ゆう・みり)小説家、劇作家1968年、茨城県土浦市生まれ。高校中退後、ミュージカル劇団「東京キッドブラザース」を経て、87年、演劇ユニット「青春五月党」を結成。93年、『魚の祭』…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】オンラインでグルメ最前線

    おうちで香港〈PR〉

  • 写真

    【&w】青木宣親選手の体をサポート

    妻・佐知さん 食のこだわり〈PR〉

  • 写真

    【&Travel】エストニアからオーストリア

    EU圏内子連れママ旅

  • 写真

    【&M】ニット帽×栗のポタージュ

    寒い冬にじんわり甘く優しく

  • 写真

    【&w】地元素材から栽培したパンを

    自然の中で味わう

  • 写真

    好書好日川原礫が語る20年の歩み

    「ソードアート・オンライン」

  • 写真

    論座立憲の泉新代表に課題続々

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン自慢の手土産#77

    ノマディックソルト

  • 写真

    Aging Gracefully消費から価値ある投資へ

    サステナブルな暮らし方

  • 写真

    GLOBE+「未来の飛行」に近づく一歩

    NYタイムズ世界の話題

  • 写真

    sippo目やにだらけだった白い子猫

    奮闘するも子育ての難しさ知る

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ