メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

山崎製パン

山崎製パンをコトバンクで調べる

最新ニュース

写真・図版

フジパン、あのカレー味サンドで 市場シェア巻き返し(2019/7/22)有料会員限定記事

 フジパン(名古屋市)で2017年以来となる新しい定番商品が誕生する可能性が出てきた。「スナックサンド ボンカレーゴールド」。国民的知名度を誇る大塚食品の「ボンカレー」とタイアップした携帯型のサンドイ…[続きを読む]

PR情報

会社概要

社名 山崎製パン(株) (YAMAZAKI BAKING CO.,LTD.)
本社 〒101-8585 東京都千代田区岩本町3−10−1
電話番号 03−3864−3111
設立 1948年6月21日
代表者(社長) 飯島 延浩
事業構成・セグメント 【連結事業】食品94(2)、流通5(-1)、他1(4)(2018.12)
連結従業員数 28,363人(18年12月)
単独従業員数 19,478人(18年12月)
平均年齢 38.1歳(18年12月)
平均年収 5,620千円(18年12月)

財務情報

コード 2212
株式名 山崎パン
市場 「東京」
業種 食料品
決算期 12月末
売上高 1,059,442百万円
営業利益 24,343百万円
経常利益 26,629百万円
当期利益 13,534百万円
チャート 日足週足
株主優待
  • 会社概要に記載されている情報は、東洋経済新報社『会社四季報』最新号(3・6・9・12月中旬発売)に掲載されている内容に準じます。
  • 財務情報の内容は原則として2019年4月1日時点での情報ですが、最新の情報に更新されている場合もあります。
  • 本サービスに含まれる情報(以下「情報」といいます。)のうち著作権等の権利性を有するもの、本サービスを表示する画面に係わる著作権、ならびに、本サービスに使用される商 号および商標は、朝日新聞社、東洋経済新報社、または当該情報の提供元(以下「情報源」といいます。)に帰属します。
  • 本情報サービスの内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、情報によって生じたいかなる損害についても、朝日新聞社、東洋経済新報社および情 報源は一切責任を負いません。
  • 情報の正確性、及び信頼性を確認することは、朝日新聞社、 東洋経済新報社および情報源の債務には含まれておりません。
  • 掲載される内容は参考情報であり、投資等の勧誘を目的にしたものではありません。最終判断は利用者ご自身でお願いいたします。

朝日新聞デジタル×会社四季報オンライン

左のバナーを押すと、会社四季報オンラインのページが別ウインドウで開きます

関連キーワード

  • 山崎製パンの分析結果(2019年07月08日 朝刊)

    「乳化剤不使用」と表示された他社3社の3製品について分析したところ、乳化剤と同様の成分が検出されたと3月に公表した。乳化剤は、水と油を混ぜ、パンを長く柔らかく保つなどの役割がある。乳化剤をそのまま添加する代わりに、食品扱いとなる卵黄油などを使って乳化剤と同様の成分を製品中に生成する製法があり、3製品についてこうした代替製法を使っていると推測。「表示義務を回避する製没と指摘し、「乳化剤不使用を強調するのは、乳化剤が安全面や健康面で不安があると誤認させる恐れのある不適切な表示で、直ちに取りやめるべきだ」と主張している。

  • 日本の製パン業界(2010年05月30日 朝刊)

    国内の製パン業界の年間売上高は、約1兆3千億円。山崎製パン(約4千億円)、敷島製パン(約1200億円)、フジパン(約1100億円)で業界全体の半分近くを占める。パンの生産量は、食生活の多様化や少子高齢化から年々減少し、2009年は117万トン。5年前より約6万4千トン減った。

  • パン市場(2010年11月07日 朝刊)

    国内のパンの生産量は、2009年は117万トンで、前年比0.2%減だった。食生活の多様化や自宅でのパンづくりも普及して伸び悩んでいる。少子高齢化も背景にある。市場規模は約1兆3千〜1兆4千億円で、山崎製パン、敷島製パンなど大手の寡占化が進む。うち、ロングライフパンは100億円前後。パン市場全体のごく一部だ。

PR注目情報

注目コンテンツ