メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月10日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

山本五十六

関連キーワード

  • 山本五十六(2013年04月01日 朝刊)

    新潟県長岡本町(現・長岡市)出身の海軍軍人。米国駐在経験がある知米派で日独伊三国同盟に反対したが、1941年12月の米ハワイ・真珠湾攻撃では連合艦隊司令長官として作戦を指揮。前線視察中の43年4月、南太平洋ブーゲンビル島上空で搭乗機が米軍機に撃墜されて戦死した。人心掌握の心得を示した「やってみせ言って聞かせてさせてみてほめてやらねば人は動かじ」の言葉を残した。五十六の名前は、生まれた時の父親の年齢から付けられたとされる。

  • 聯合艦隊司令長官 山本五十六〜太平洋戦争70年目の真実(2011年12月06日 夕刊)

    23日公開。東映。1941年12月8日(日本時間)、日本海軍がハワイ・真珠湾を奇襲攻撃し、アメリカとの戦争が始まった。作戦を指揮したのは山本五十六。開戦に反対し続けた山本は、一刻も早く戦争を終わらせるために攻撃に踏み切ったという。真珠湾、ミッドウェー海戦、そして非業の死までを描く。主演は役所広司さん。

最新ニュース

写真・図版

(また会う日まで):6 終わりの思い 池澤夏樹(2020/8/6)有料会員記事

 信徒であった血縁の者、先妻のチヨや幼子のまま亡くなった恒雄は主の近くにいるだろう(恒雄は教名をヨセフとした)。 しかし信仰を持たない死者たちはどこにいるのか? わたしは海軍兵学校を四十二期で卒業した…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ