メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

山田町

関連キーワード

  • 山田町NPO問題(2014年02月05日 朝刊)

    被災者を緊急雇用する事業を山田町から委託されたNPO法人「大雪りばぁねっと。」が2012年11月、資金難を町に打ち明けたことから発覚。同年12月、雇っていた被災者137人全員を解雇した。その後、目的がはっきりしない研修を繰り返したり、雇用実態のない人に人件費を支給したりするなど、放漫な運営実態が町の調査で明るみに出た。町に補助金を出した県は、11、12年度事業費のうち約6億7千万円を目的外使用として補助対象から外し、町に返還を求めた。町はNPO代表理事を相手取り、目的外支出とした5億200万円の損害賠償を求め、盛岡地裁に提訴している。NPOは13年5月に破産を申し立て、解散した。

  • 山田町NPO事件(2014年05月01日 朝刊)

    山田町から被災者の緊急雇用事業を委託されたNPO法人「大雪りばぁねっと」が2012年12月、資金難から被災者137人全員を解雇した。ずさんな運営の実態や、使途不明金が明るみに出て、県警は今年2月、業務上横領容疑で岡田被告ら5人を逮捕。3人が起訴され、岡田被告の母と義弟が処分保留で釈放された。NPOは13年5月に破産を申し立て解散した。支払われた事業費の総額は12億円を超える。

  • 緊急雇用創出事業(2013年11月23日 朝刊)

    2008年のリーマンショック後にもうけられた厚生労働省の失業者対策の制度で、東日本大震災で職を失った人の臨時の雇用対策としても活用された。国の交付金で県が基金をつくって市町村に補助し、雇用を生み出す。行政の事務補助やがれきの片付け、仮設住宅の見回りなど幅広く使われてきた。人件費を含む事業費の全額が国費負担という「使い勝手のよさ」がある。自治体が直接雇用する方法だけでなく、企業やNPO法人に事業を委託することもできる。だが、昨年12月、山田町から委託を受けたNPO法人「大雪りばぁねっと。」=解散=の資金流用問題が発覚。NPO法人のずさんな金の使い方への、町や県のチェックの甘さが浮き彫りとなった。期限は2014年度までだが、厚労省が1年間の制度延長を来年度予算案に概算要求している。

最新ニュース

写真・図版

岩手)台風1週間、1千戸で断水続く 再度の大雨に警戒(2019/10/19)

 台風19号が本州に上陸してから19日で1週間。岩手県の18日の発表によると、記録的な大雨の影響で、3市町村1073戸で断水が続く。低気圧や前線の影響で、19日は広範囲で雨が降る見込みで、宮古市や山田…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ