メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

岩国基地

関連キーワード

  • 岩国基地(2015年10月15日 夕刊)

    山口県岩国市の中心部を流れる錦川河口の三角州にあり、面積は約790ヘクタール。FA18ホーネット戦闘攻撃機や米軍普天間飛行場(沖縄県)から移駐したKC130空中給油機など約75機が所属し、軍人やその家族ら米軍関係者約6600人が暮らす。海上自衛隊も共用している。2017年ごろには米軍厚木基地(神奈川県)から空母艦載機59機の移駐が予定され、嘉手納基地(沖縄県)と並んで極東最大規模の航空基地になる。

  • 岩国基地への空母艦載機部隊移転計画(2009年03月23日 夕刊)

    在日米軍再編の一環で、厚木に駐留する空母艦載機59機の部隊を14年までに岩国に移す。併せて普天間の空中給油機12機も岩国に移す。岩国からグアムに移るヘリコプター部隊などを差し引いても、岩国の米軍機数は現在の倍の約120機に膨らみ、嘉手納と並ぶ極東最大級の航空基地となる。合併前の旧岩国市で06年に行われた住民投票では、艦載機移転反対が87%という結果が出たが、合併後の08年2月の市長選では移転容認派の福田良彦市長が初当選した。

  • 岩国基地に関する協議会(2009年02月04日 朝刊)

    昨年10月、岩国市が国に提案した43項目の安全安心対策の1項目として、「国と市の定期的な協議の場の設置」を要望していた。協議機関の設置は、米空母艦載機移転に反対していた井原勝介前市長も防衛省に求めたが、実現しなかった。他の地域では沖縄県の普天間飛行場の移設問題を話し合う政府と同県や地元自治体の協議会がある。

最新ニュース

写真・図版

山口)「騒音被害軽減を」 署名2・6万筆 岩国(2019/7/11)

 山口県岩国市の市民団体「異議あり!『基地との共存』市民行動実行委員会」は10日、米軍機による騒音被害の解消を求める署名活動で、9日までに2万6075筆が集まったと発表した。岩国基地への米空母艦載機部…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ