メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

埼玉県川口市

関連キーワード

  • 盲導犬オスカーのけが(2014年09月13日 朝刊)

    全盲の男性が7月28日午前11時ごろ、盲導犬オスカー(オス・8歳)を伴い、さいたま市の自宅から埼玉県川口市内の職場に出勤。職場でオスカーの右腰辺りから出血しているのを男性の職場の同僚が見つけた。傷は深さ約1〜2センチで点状に3、4カ所並んでおり、フォークのような先のとがったもので刺された可能性があるという。被害届を受けた武南署は、不審者情報を求めている。

  • 定時制高校(2015年03月01日 朝刊)

    1948年の学校教育法施行で、中学校卒業後に働くなどして全日制に進めない生徒の教育の場として始まった。近年、不登校経験を持つ生徒の受け皿にもなっている。昨年5月時点で、全国663校に10万2027人が、県内では県立と川口市立の計25校に5687人が通う。少子化などを背景に、県は99年に公立高校の統廃合に着手。35校あった県立の定時制は24校に再編された。

  • 箸ピー(2016年04月05日 朝刊)

    箱に入った落花生(殻付きピーナツ)を、もう一つの箱に移すことを繰り返す競技。個人戦は右手、左手とも、それぞれ1分間に移した合計数を競う。全国大会の「箸りんぴっく」は、2006年に設立された国際箸学会(事務局・埼玉県川口市)の主催。今年2月の第2回大会には32人が出場した。

最新ニュース

写真・図版

遺族の気持ち、冤罪の可能性 死刑について考えた(2021/6/20)会員記事

 死刑制度に賛成ですか、反対ですか? 「究極の刑罰」とされる死刑を巡り、大切な人を失った遺族の気持ちや、無実の人の命を奪う冤罪(えんざい)の可能性を、どう考えればいいのでしょうか。「#ニュース4U」取…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ