メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

川崎市

関連キーワード

  • 川崎市のコミュニティー交通(2012年06月16日 朝刊)

    坂の多い丘陵地や路線バスが利用しづらい地域で、住民が主体となり、身近な交通手段(コミュニティーバス、乗り合いタクシーなど)を確保する事業。市が車の購入費を出す。運行しているのは野川南台団地と麻生区の高石地区の二つ。八つの地区で事業化の動きがある。

  • 川崎市のいじめ自殺問題(2016年03月05日 朝刊)

    2010年6月に川崎市の市立中学3年の篠原真矢さん(当時14)が自宅で自殺し、生徒4人の実名を挙げて「俺が死ぬのは家族のせいじゃありません。俺自身と、(友人)をいじめた連中が悪いんです」などと書いた遺書を残した。学校が設けた調査委員会は約3カ月後に報告書を提出し、真矢さんが「背中をたたく」などのいじめを受けていたと認めた。同級生4人のうち、14歳だった3人は暴力行為処罰法違反容疑で書類送検されて保護観察処分になり、13歳だった1人は同様の非行内容で児童相談所に通告された。

  • 川崎市の差別根絶条例(2019年01月04日 朝刊)

    福田紀彦市長が2017年秋の市長選で、議会への提案を約束した。市によると、条例の骨子を2019年春までに議会側に示し、19年夏にパブリックコメントを実施、19年度末(20年3月末)までの制定を目指している。罰則について、市側は議会で「関連法令や他都市などの取り組みも踏まえ、慎重に検討する」と答弁していた。

最新ニュース

はがき通信(2021/5/14)会員記事

 ■2度おいしい 「着飾る恋には理由があって」(火曜、TBS系)は、会社のSNS更新担当のくるみ(川口春奈)と、気ままな料理人の駿(横浜流星)のラブストーリー。スマホに束縛されるくるみに価値観の違いを…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&M】<PR>

    父の日に贈りたい、素敵な装い

  • 写真

    【&TRAVEL】クジラの魅力を間近で体感!

    奄美大島南部の旅

  • 写真

    【&M】品のいいスタイリング

    ランチア・プリズマ

  • 写真

    【&w】知る人ぞ知る本好きの隠れ家

    book cafe 「草径庵」

  • 写真

    好書好日大草原の小さな家のケーキ

    ローラたちも食べた味を再現

  • 写真

    論座看護師派遣要請に反対

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン新時代に武器になる美容

    発信力に差をつけるリップケア

  • 写真

    Aging Gracefully自分のためのおしゃれ

    楽ちん&着映えを両立

  • 写真

    GLOBE+eスポーツが正式な部活に

    先進の地アメリカの実情

  • 写真

    sippo食い意地王子、猫「エンマ」

    鍋ごとガス台から落とす

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ