メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

川端康成

関連キーワード

  • 川端康成(2019年10月02日 夕刊)

    1899〜1972年。横光利一らと文芸誌を創刊、「新感覚派」と呼ばれた。代表作は「伊豆の踊子」「雪国」など。68年に日本人として初めてノーベル文学賞を受賞した。

  • むろう・さいせい(2010年02月19日 夕刊)

    金沢市生まれの詩人、小説家。上京後に「ふるさとは遠きにありて思ふもの」の一節で知られる詩集「抒情(じょじょう)小曲集」などを発表。後に「性に目覚める頃」「杏(あんず)っ子」などの小説も手がけた。長野・軽井沢に別荘を持ち、堀辰雄、立原道造、川端康成らと交流した。

  • 土門拳(2015年09月09日 朝刊)

    1909年に山形県酒田市で生まれ、90年に亡くなった写真家。川端康成やイサム・ノグチらを撮影した「風貌(ふうぼう)」(53年)▽炭鉱をテーマにした「筑豊のこどもたち」(60年)▽「古寺巡礼」第1〜5集(63〜75年)▽「生きているヒロシマ」(78年)——などを手がけた。リアリズムを追求し、妥協せずに被写体に迫る姿勢から「写真の鬼」とも呼ばれた。

最新ニュース

写真・図版

古井由吉さん死去 内向の世代「杳子」「栖」 82歳(2020/2/28)有料記事

 日本の純文学作家の最高峰の一人で「内向の世代」を代表する古井由吉(ふるい・よしきち)さんが18日、肝細胞がんで死去した。82歳だった。葬儀は近親者のみで営んだ。喪主は妻睿子(えいこ)さん。 東京生ま…[続きを読む]

川端康成をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&D】鎌倉・逗子・葉山を巡る

    三浦半島をまったりドライブ

  • 写真

    【&TRAVEL】下川裕治、ボルシチを作る

    再び「12万円で世界を歩く」

  • 写真

    【&M】威風堂々のフロントマスク

    マツダ・ロードペーサーAP

  • 写真

    【&w】モデル・SHIHOさん

    美と健康の秘訣〈PR〉

  • 写真

    好書好日PR思考で情報を自走

    GO・三浦崇宏さんトーク

  • 写真

    論座テレビの外から表現の自由を

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンパーティーで活躍する手土産

    パーク ハイアット 東京

  • 写真

    T JAPAN濱美奈子のハーモニー占星術

    3月のあなたの運勢は?

  • 写真

    GLOBE+絶滅救った雄ガメに引退の時

    NYタイムズ世界の話題

  • 写真

    sippo子に受け継がれた猫好き魂

    瀕死の子猫を救った

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ