メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

川西市

関連キーワード

  • 大阪空港公害訴訟(1〜5次)と選挙(2013年06月25日 朝刊)

    1969〜82年、豊中市と兵庫県川西市の住民約4千人が国を相手取り、午後9時〜午前7時の飛行差し止めなどを求めて大阪地裁に提訴(豊中は71年11月提訴)。1〜3次訴訟の一審判決(74年)は午後10時以降、二審判決(75年)は午後9時以降の離着陸原則禁止と、一部損害賠償を認めた。81年の最高裁判決は差し止めを「民事上の請求は不適没としたが、国は午後9時以降の運航を認めない「門限」を設けた。4、5次は84年、大阪地裁で損害賠償を認める和解が成立。国政選挙の大きな争点にはならなかったが、全国の反公害運動の先導役となった。

  • 中央北地区の整備事業(2010年10月03日 朝刊)

    計画の対象は川西市火打1丁目周辺の約22.3ヘクタールで、大阪・梅田北ヤードとほぼ同じ広さ。伝統的な皮革業の工場が1965年に90以上集積していたが、革のなめし工程に伴う排水処理が問題になったり、輸入品に押されたりして徐々に衰退。95年に業者側が地区の再開発と土地の買い上げを求め、市が応じた。約50社の転廃業補償や土地の取得にこれまで200億円以上を市が負担。2005年に排水処理施設が閉鎖された。当初は約1600戸の住宅建設を核とした計画だったが、不況で開発業者が決まらないことなどから、まちづくりの手法を土地区画整理事業に変更。土地の形を整え、南北に貫くせせらぎ遊歩道(延長約600メートル、幅16メートル)や、中央公園(2ヘクタール)などを整備する計画が今年7月に都市計画決定された。今年度中の事業認可をへて、個々の所有地の移転先を示す仮換地指定が12年度中に進められる。事業費は約100億円とされる。

  • 伊丹市中学生暴行死事件(2009年11月19日 朝刊)

    伊丹市御願塚(ごがづか)4丁目の神社で10月4日午後、市立中学2年の男子生徒(14)が上級生に暴行され、意識不明の重体になった。伊丹署は翌日、他校の生徒を含む市内の中学3年の男子4人を傷害容疑で逮捕。被害生徒は17日未明、頭部打撲による急性硬膜下血腫などで死亡した。28日、伊丹署は新たに川西市立中学3年の男子生徒を傷害致死容疑で逮捕した。

最新ニュース

川で溺れ7歳・祖父死亡 姉2人も意識不明 大阪・高槻(2019/9/8)有料記事

 7日午後2時ごろ、大阪府高槻市川西町3丁目の芥川で、「小学生らが溺れている」と通行人から119番通報があった。遊びに来ていた家族4人を救急搬送したが、城津国清さん(73)=高槻市芝生町2丁目=と、孫…[続きを読む]

川西市をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ