メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

巨大地震

関連キーワード

  • 東海地震と南海トラフ巨大地震(2016年06月29日 朝刊)

    東海地震は静岡県の駿河湾周辺を震源域とするマグニチュード(M)8程度の地震で、政府は死者数約9200人と想定。また、駿河湾から九州沖に延びる海底の帯状のくぼみ「南海トラフ」では、最大M9レベルの地震が起こる可能性があるとしている。巨大津波などで最大で死者約32万人、約220兆円の経済被害が出ると想定している。

  • 南海トラフ沿いの巨大地震(2012年05月10日 夕刊)

    静岡県の駿河湾から九州沖に延びる海底のくぼみ「南海トラフ」の一帯を震源域とする地震。東海、東南海、南海の各地震が発生してきたが、国は一帯が同時に動く事態を想定。20メートル以上の津波が発生する地点は6都県23市町村、震度7の地域は10県153市町村で可能性があるとされた。

  • 南海トラフ巨大地震の想定(2012年04月08日 朝刊)

    日本列島の南側、駿河湾から西へ延びる海底のくぼみ「南海トラフ」周辺で起きる地震について、内閣府の検討会が震度や津波高を推計、3月末に発表した。東海3県では、最大で震度7が予測される地域が愛知、三重両県内で計42市区町村。津波が最大20メートル以上となる地域は6市町に及ぶ。三重県では、最大の津波がわずか数分で到達する恐れがある。

最新ニュース

東日本大震災の拡大止めた? 断層のずれ多発の区域分析(2019/8/23)

 東日本大震災を起こした東北地方太平洋沖地震について、京都大などのチームは、「スロー地震」と呼ばれる断層のずれが多発する区域が、巨大地震の拡大を止めた可能性があると発表した。スロー地震は南海トラフでも…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ