メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

帰還困難区域(年間積算放射線量50ミリシーベルト超)

関連キーワード

  • 帰還困難区域(2016年01月13日 朝刊)

    東京電力福島第一原発事故を受け、政府が福島県内に設けた避難指示区域の一つ。放射線量の高い順に「帰還困難区域」「居住制限区域」「避難指示解除準備区域」。帰還困難区域は年間に換算した放射線量が2011年度末で50ミリシーベルトを超えていた区域で、政府が立ち入りを原則禁止している。7市町村にわたり、対象住民は約2万4千人。帰還のめどはたっていない。

  • 避難指示区域の再編(2013年08月08日 朝刊)

    東京電力福島第一原発事故の翌月の2011年4月、政府は原発から20キロ圏の警戒区域とその外側の計画的避難区域を設定し、住民に避難を指示した。11年末、これらの区域を、(1)12年3月から数えて5年以上戻れない帰還困難区域(年間放射線量50ミリシーベルト超)(2)数年での帰還をめざす居住制限区域(同20ミリ超〜50ミリ以下)(3)早期の帰還をめざす避難指示解除準備区域(同20ミリ以下)——の3区域に再編すると決定。(2)と(3)は住民の立ち入りが自由だが、原則宿泊できない。(1)は立ち入りが制限される。

  • 福島県大熊町(2012年04月10日 朝刊)

    東京電力福島第一原発があり、町全体が警戒区域に指定されている。町内の集落の大半は年間換算で放射線量が50ミリシーベルトを超すとみられる。この線量は、現在、政府が進めている避難区域の再編で、長期間帰宅できない「帰還困難区域」にあたる。また、原発周辺を帰宅不可能区域に指定する案もあがっている。警戒区域は福島第一原発から20キロの同心円内の範囲で、立ち入りが禁止されている。4月1日、一部が警戒区域だった田村市と川内村で解除された。警戒区域では国が決めた期間内で4〜5時間の「一時帰宅」を実施。1月29日〜4月8日の3巡目が終了した。

最新ニュース

写真・図版

大熊町図書館 解体見直しを求め、住民が署名活動(2022/5/18)

 原発事故による帰還困難区域にあり、福島県大熊町が解体を予定する「大熊町図書館・民俗伝承館」について、町民有志らが解体の見直しと保存を求めて署名活動を続けている。発起人は「建物は残ると聞いていた。町民…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】先生の「大丈夫」に救われて

    花のない花屋

  • 写真

    【&M】裏路地に、熟練スパイスの技

    口福のカレー 東京・西新宿

  • 写真

    【&Travel】大坂城の守備から対峙へ

    城旅へようこそ・伊賀上野城

  • 写真

    【&M】「そぎ落とし」のデザイン

    新型レンジローバー

  • 写真

    【&w】50歳の別居婚「第二幕」

    東京の台所2

  • 写真

    好書好日鎌倉で「ショート」の技競う

    フルポン村上の俳句修行

  • 写真

    論座言論の自由とヘイトスピーチ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンいま見たい海外ドラマ!

    『令嬢アンナの真実』

  • 写真

    Aging Gracefully小顔見せアイブロウ

    自眉いかしのナチュラル仕上げ

  • 写真

    GLOBE+世界はウクライナに軍事援助

    ロシアには巨額のエネルギー代

  • 写真

    sippo飼い主不在だと猫は寂しい?

    留守番中の猫の行動を調査

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ