メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

常任理事国

関連キーワード

  • G4案(2008年10月15日 朝刊)

    日本、ドイツ、インド、ブラジルの4カ国(G4)が主導し、05年7月、国連総会に提出した「安保理改革に関する枠組み決議案」。常任理事国を11カ国に増やし、非常任理事国も4カ国増の14カ国として、安保理を25カ国に拡大する内容。国連加盟国の4分の1を占めるアフリカ連合の独自案との一本化が実現せず、採択されないまま廃案となった。

  • イラン核問題(2009年10月22日 朝刊)

    イランが秘密裏に続けてきた核開発が、02年に発覚。だが、核兵器保有への意思は否定し、05年8月以降、ウラン濃縮活動を拡大してきた。先月には2カ所目のウラン濃縮施設の建設も明らかになり、IAEAが25日に査察に入る予定。核兵器に転用する意図を疑う米欧主導で、国連安全保障理事会が3度にわたり対イラン制裁を決議。安保理常任理事国にドイツを加えた6カ国は、イランにウラン濃縮の停止と引き換えに原子力の平和利用や経済支援などの「見返り案」を示し、政治的な解決を目指している。今月1日には研究炉に使う低濃縮ウランのロシアでの加工処理などで合意した。

  • イランの核問題(2010年12月05日 朝刊)

    イランは核不拡散条約(NPT)上の非核保有国であるにもかかわらず、2002年にウラン濃縮計画が発覚し、核武装を目指しているとの疑惑を招いた。イランは条約上の「核の平和利用」だと主張。09年10月、6カ国(安保理常任理事国とドイツ)と協議し、保有する低濃縮ウラン1・2トンを国外に搬出し、核燃料に加工して戻す案で大筋合意したが、実行に移されていない。

最新ニュース

写真・図版

G7サミット開かれる → 民主主義の先進7カ国を覚えよう(2021/6/18)

石油ショックがきっかけ、1975年に始まるイギリスで開かれていた主要7カ国首脳会議(G7サミット)が6月13日、閉幕しました。毎年開かれるG7サミットは大きなニュースになります。世界の主要国がその時々…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】パワーと空力と美を追求

    ベントレー・コンチネンタル

  • 写真

    【&TRAVEL】尼子氏と毛利氏が争奪した城

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&Travel】イスタンブールの食と猫たち

    あの街の素顔

  • 写真

    【&M】乗車時の居心地の良さを追求

    「軽ベース」キャンピングカー

  • 写真

    【&w】ニューヨーク「草間彌生展」へ

    元NHKアナ・久保純子さん

  • 写真

    好書好日直木賞作家2人が小倉を探訪

    東山彰良・桜木紫乃さんコラボ

  • 写真

    論座想像力で弱点を見抜け原発

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン新たな別荘の“価値”とは?

    こと足りないことのぜいたく

  • 写真

    Aging Gracefully根もとよ立ち上がれ!

    気分が上がるヘアスタイル

  • 写真

    GLOBE+ワクチン接種が早い米国

    背景に湾岸戦争の経験?

  • 写真

    sippo人生初の猫との暮らし

    命を預かる責任ひしひしと

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ