メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

常任理事国

関連キーワード

  • G4案(2008年10月15日 朝刊)

    日本、ドイツ、インド、ブラジルの4カ国(G4)が主導し、05年7月、国連総会に提出した「安保理改革に関する枠組み決議案」。常任理事国を11カ国に増やし、非常任理事国も4カ国増の14カ国として、安保理を25カ国に拡大する内容。国連加盟国の4分の1を占めるアフリカ連合の独自案との一本化が実現せず、採択されないまま廃案となった。

  • イラン核問題(2009年10月22日 朝刊)

    イランが秘密裏に続けてきた核開発が、02年に発覚。だが、核兵器保有への意思は否定し、05年8月以降、ウラン濃縮活動を拡大してきた。先月には2カ所目のウラン濃縮施設の建設も明らかになり、IAEAが25日に査察に入る予定。核兵器に転用する意図を疑う米欧主導で、国連安全保障理事会が3度にわたり対イラン制裁を決議。安保理常任理事国にドイツを加えた6カ国は、イランにウラン濃縮の停止と引き換えに原子力の平和利用や経済支援などの「見返り案」を示し、政治的な解決を目指している。今月1日には研究炉に使う低濃縮ウランのロシアでの加工処理などで合意した。

  • イランの核問題(2010年12月05日 朝刊)

    イランは核不拡散条約(NPT)上の非核保有国であるにもかかわらず、2002年にウラン濃縮計画が発覚し、核武装を目指しているとの疑惑を招いた。イランは条約上の「核の平和利用」だと主張。09年10月、6カ国(安保理常任理事国とドイツ)と協議し、保有する低濃縮ウラン1・2トンを国外に搬出し、核燃料に加工して戻す案で大筋合意したが、実行に移されていない。

最新ニュース

(社説)国連と日本 協調築く主体的外交を(2020/9/29)

 国連はことし、創設75年を迎えた。今月始まった節目の総会で、加盟193カ国は全会一致で共同宣言を採択した。 「多国間主義は、選択肢ではなく、必然である」 その文言は、大国の「自国第一主義」が幅を利か…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】回り道の量で変わってくる

    刈谷仁美さんインタビュー

  • 写真

    【&TRAVEL】もう、うっとりするおいしさ

    佐賀のお茶やお菓子を訪ねて

  • 写真

    【&TRAVEL】暮らしに溶け込む現代工芸

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】ビールとの相性抜群!

    食通シェフが唸ったハムカツ

  • 写真

    【&w】高田賢三の生き方とは

    「ケンゾー」デザイナー

  • 写真

    好書好日クトゥルー神話の豊潤な世界

    若い世代に広まったわけ

  • 写真

    論座大学非常勤講師とコロナ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン俳優・町田啓太が嗜む

    セットアップのオンとオフ

  • 写真

    T JAPAN森に溶け込むシンプルな家

    北欧の建築家夫妻の別荘

  • 写真

    GLOBE+民主主義はだめな制度?

    政治学者・吉田徹に聞く

  • 写真

    sippo犬のキスシーンに胸キュン

    話題の映画『わんわん物語』

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ