メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

常緑樹

関連キーワード

  • 小笠原諸島の自然(2011年05月08日 朝刊)

    東京湾から約千キロ南に連なり「東洋のガラパゴス」とも呼ばれる。大陸と陸続きになったことがなく、独自の進化をとげた固有種が多い。国の天然記念物オガサワラオオコウモリや、カタツムリの一種カタマイマイ、常緑樹のシロトベラなどは小笠原にしかない。貴重な生態系は外来種に脅かされてきた。ネコが野生化してアカガシラカラスバトを襲い、ヤギが植物を食い荒らし、オオヒキガエルやトカゲのグリーンアノールが固有のオガサワラシジミなどの昆虫を食べた。村などはこうした外来種の駆除に取り組んできた。

  • 紅茶(2012年12月16日 朝刊)

    紅茶、緑茶、ウーロン茶は、いずれもツバキ科の常緑樹である茶の木の葉から作る。品種により向き不向きがある。茶葉に含まれる酸化酵素の働きを利用し、発酵させて作るのが紅茶で、緑茶は発酵させない。発酵の進行を途中で止めて作るのがウーロン茶などの半発酵茶だ。国産紅茶は明治初期から生産が始まり、輸出もされた。1955年の生産量は約8500トンに上ったが、71年に紅茶の輸入が自由化され、激減した。

最新ニュース

写真・図版

三重)樹齢千年のオリーブ、スペインから長島町へ(2019/6/2)

 三重県桑名市長島町の植物園「なばなの里」で1日、スペインから輸送された推定樹齢1千年のオリーブ大樹の植樹式があった。運営する長島観光開発(同市)は、長島町を「オリーブのまち」として売り出すシンボルに…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&D】ドライブ中も目的地でも

    おすすめのおしゃれアイテム

  • 写真

    【&TRAVEL】建築家・坂茂氏設計の温泉宿

    楽しいひとり温泉

  • 写真

    【&M】ポークビンダルーがうまい!

    酸味と辛みが絶妙

  • 写真

    【&w】100人に1人が抱える孤独

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日芥川賞ぜんぶ読んだ人

    直木賞すべて読んだ人と対談

  • 写真

    論座外国人の心をつかむポイント

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン注目の女優・山口まゆ

    思い描く理想の男性像とは

  • 写真

    T JAPAN奇妙な色と形の現代アート

    新しい抽象芸術のかたち

  • 写真

    GLOBE+英語はパブで鍛えました

    連載「バイリンガルの作り方」

  • 写真

    sippo京都の河川敷に野犬急増

    捨て犬が繁殖か?

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ