メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

幕張メッセ

関連キーワード

  • 幕張メッセ(2015年04月15日 朝刊)

    敷地面積約21万平方メートル。国際展示場11ホール、1600人収容のコンベンションホールがある国際会議場、最大で約9千人を収容するイベントホール、約6千台分の駐車場などがある。成田空港が近く高速道路網も整い、宿泊施設は6カ所のオフィシャルホテルの合計宿泊室数だけで約2700室と充実している。1989年のオープンからの来場者累計は約1億4300万人(2014年3月末)。

  • 新都心・幕張線の連節バス(2010年01月31日 朝刊)

    1998年に路線バスとしては、日本で初めて導入された。JR総武線、京成千葉線の幕張本郷駅、JR京葉線の海浜幕張駅を結ぶように走る。幕張新都心のオフィスに通う通勤客や、幕張メッセ、千葉マリンスタジアム、県警免許センターという巨大な集客施設を抱え、1日平均2万人の乗降客がある。

  • パシフィコ横浜(横浜国際平和会議場)(2015年05月31日 朝刊)

    1991年、横浜市や県、民間企業などが出資して営業を開始。展示場の広さ(2万平方メートル)では、7万〜8万平方メートル級の東京ビッグサイト(東京都江東区)や幕張メッセ(千葉市美浜区)には及ばないが、約5千人収容の大ホールや大小50の会議スペース、ホテルなどがコンパクトにあり、国際会議や医学系の学会などが得意。10年にはアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議、08、13年にアフリカ開発会議(TICAD)を成功させた実績も売り。パシフィコの試算では、施設の存在で、12年度には県内で約920億円(うち市内で約870億円)のお金が落ち、約9300人(同約7900人)の雇用が生まれたという。

最新ニュース

書体設計士・鳥海修さん 谷川俊太郎の詩を組む書体から、Mac搭載フォントまで。歴史と現代をつなぐ「文字作り」(2021/1/24)

 日々、iPhoneなどのスマホや、ワード文書、ドキュメントを通じて私たちが読んでいる文字。その書体(フォント)には一つひとつ名前がついている。ヒラギノや游明朝など、多くの人に届く書体は、字游工房の鳥…[続きを読む]

幕張メッセをコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ