メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

平和学会

関連キーワード

  • 長崎の証言の会(2010年12月15日 夕刊)

    1968年、被爆者調査活動を証言運動に発展させて発足した。会員は被爆者ら約400人。約40年にわたり被爆者1千人以上の証言を聞き取り、67冊の証言集を出してきた。11月には、日本平和学会が平和に貢献した個人や団体に贈る「平和賞」を受賞した。

  • グローバルヒバクシャ(2014年03月01日 朝刊)

    核兵器の被害を原爆が投下された広島、長崎の被爆者に限定せず、「核実験場の周辺住民」「ウラン鉱山採掘作業員」「核実験に携わった兵士」「商業用の原発事故の被災者」らを含めて考えるとした概念。マーシャル諸島の人々を調査した竹峰誠一郎・明星大学常勤准教授らが提唱し、2004年には研究会が「日本平和学会」の分科会として発足した。

  • 平和学(2014年07月03日 朝刊)

    戦争の原因や回避の方泡平和になるための条件を研究の対象にする学問。法律、政治、経済、社会、歴史、心理といった様々な学問分野からアプローチする。第2次世界大戦後の東西冷戦下、欧米を中心に1960年代後半から研究が盛んになり、日本では73年に日本平和学会が発足。今は100近くの大学で学べるとされている。

最新ニュース

写真・図版

(とれたて!この3冊)末國善己・東えりか(2020/7/22)有料会員記事

 ■<歴史・時代>ミステリーで垣間見る世相 文芸評論家・末國善己 宮部みゆき『きたきた捕物帖』は、怪談、謎解き、商売ものなどの要素が一体となった贅沢(ぜいたく)な新シリーズだ。 文庫屋兼岡っ引きの千吉…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】YOASOBIインタビュー

    クリエーティブの源泉を探る

  • 写真

    【&M】『夫のちんぽ』作家の幸福論

    「おしまいの地」での気付き

  • 写真

    【&TRAVEL】「半沢直樹」の役者にお薦め

    岐阜県・郡上

  • 写真

    【&M】優雅なスタイルで時速343キロ

    ジャガーXJ220

  • 写真

    【&w】食いしん坊夫妻の継承レシピ

    私のファミリーレシピ

  • 写真

    好書好日昭和歌謡曲のディープな世界

    平成生まれのシンガーがガイド

  • 写真

    論座国連75周年で高校生が対話

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン時代を超えて旬になる、

    ビンテージ調のスタイル。

  • 写真

    T JAPAN食べ物は「武器」になる?

    平等な社会に「栄養」は必要だ

  • 写真

    GLOBE+戦闘続くナゴルノ・カラバフ

    なぜロシアとトルコがカギか

  • 写真

    sippoふてぶてしいのにかわいい

    猫の豊満ボディの愛し方

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ