メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

平和運動

関連キーワード

  • 大本教団(2009年05月31日 朝刊)

    1892(明治25)年、開祖の出口なおに「艮(うしとら)の金神(こんじん)」が神がかりして始まった。世界の「立替え立直し」を唱える。教祖は、なおと女婿の出口王仁三郎の2人。さらに教主がおり、現在の出口紅は王仁三郎のひ孫。外部からは「大本教」と呼ばれるが、正式な教団名は「大本」。京都府の綾部市と亀岡市に聖地がある。信徒数は公称17万人。平和運動、エスペラント普及などに取り組む。1921年に王仁三郎が不敬罪に問われた第1次弾圧事件があり、35年の大規模検挙は第2次弾圧事件。

  • 長田新(1887〜1961)(2011年09月25日 朝刊)

    長野県出身の教育学者。広島文理科大教授だった1945年8月6日、爆心地から1・6キロの広島市平野町(現・中区)の自宅で被爆した。戦後は、平和運動に尽力。原爆の悲惨さを伝えようと、被爆した子ども105人分の手記を「原爆の子」としてまとめ、1951年に出版。映画や絵本になり、国内外で反響を呼んだ。

  • 原爆稲(2010年11月26日 朝刊)

    1945年10月、九州大学農学部が長崎市の爆心地から600〜2500メートルの水田から採取した稲の子孫。原爆の強い放射線によって染色体が切断され、今でも半分ほどの稲に実が入らない「不稔粒」が現れる。同大が研究のために栽培を続け、平和運動に取り組む福岡市のNPO法人「九州アジア記者クラブ」が育て継ぐ活動をしている。

最新ニュース

写真・図版

(フカボリ)外国人所有地?7筆どまり 防衛施設の隣接地6万筆、防衛省調査 土地規制法案(2021/6/16)会員記事

 土地規制法案は15日、参院内閣委員会で可決された。法案はもともと、防衛施設の周辺の土地を外国人や外国法人が買い占めることへの懸念に端を発する。だが防衛省が8年をかけて施設の隣接地を調べても、外国人の…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】浅草と餃子が人生を変えた

    東京の台所2

  • 写真

    【&M】1000円台で食べられるフレンチ

    食通シェフが通う店

  • 写真

    【&Travel】京料理の「ハレ」と「ケ」

    食文化の風景<後編>〈PR〉

  • 写真

    【&M】スパイス感しっかりのカレー

    カマル2号(東京・亀戸)

  • 写真

    【&w】雲のようにふわふわ

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日新聞に載ったニセ・ニセ広告

    進撃の巨人、単行本完結を記念

  • 写真

    論座今度こそCM規制議論を

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン炎症を抑えマスク荒れを克服

    仕事で勝てる顔になる開運美容

  • 写真

    Aging Gracefullyペタンとした髪を救済

    ヘアケアで理想のスタイルに

  • 写真

    GLOBE+猛禽類がアパート6階に巣

    住人との心温まる交流

  • 写真

    sippo大奥は猫の天下だった!?

    ゆるモフお江戸コメディー

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ