メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

広島高裁

関連キーワード

  • 光市母子殺害事件(2012年02月14日 朝刊)

    1999年4月14日、山口県光市で会社員本村洋さん(35)の妻弥生さん(当時23)と長女夕夏ちゃん(当時11カ月)が自宅で殺害され、当時18歳の元少年(30)が殺人と強姦(ごうかん)致死などの罪で起訴された。検察側の死刑求刑に、一審の山口地裁と二審の広島高裁は「更生の可能性がないとは言いがたい」とし無期懲役の判決。しかし06年、最高裁が「少年であったことは死刑を回避すべき決定的事情とは言えない」とし高裁に審理を差し戻した。08年に高裁が死刑を言い渡し、元少年側が上告。先月23日の弁論で「殺意はなく、傷害致死罪にとどまる」と死刑回避を訴えた。

  • 給与返還訴訟(2011年03月01日 朝刊)

    福山市役所の職員労働組合の役員8人が2004年10月から05年6月(一部は3月)まで、市が設けた「自治体改革推進委員会」など三つの委員会の委員となり、市から給与を受けていた。これが公務に見せかけて組合活動に専従していたとして、市民ら3人が羽田皓市長に対し、支払った給与計約3600万円を役員に返還させるよう求めた住民訴訟。09年7月の一審・広島地裁は「市の行政課題の解決に資する」と役員の業務を公務と認め、原告の請求を棄却。だが10年7月の二審・広島高裁判決は、委員会について「設置根拠が判然とせず、市当局と組合の幹部役員との間で慣行的に運用されていた」として組合活動と判断。一審判決を取り消した。

  • 鞆の浦の埋め立て・架橋計画(2017年04月03日 朝刊)

    県は1983年、交通混雑の解消などを目的に、▽江戸期の港湾施設の常夜灯などが残る港内を埋め立てる▽港内を横断する橋を架ける▽駐車場やフェリーの埠頭(ふとう)を造る——などの計画を作った。だが住民間で賛否が分かれ、「景観が損なわれる」と反対派が2007年に提訴。一審の広島地裁判決は住民側の主張を認めたが、県は控訴した。判決後に就任した湯崎英彦知事は12年に計画撤回を表明。控訴審の進行協議で広島高裁は15年に終結案を双方に提案。16年2月に成立し、計画は完全撤回された。

最新ニュース

写真・図版

家族再生、ここから 謝罪と全員の被害回復求める ハンセン病訴訟、国控訴せず(2019/7/10)有料記事

 差別や偏見に苦しんできた、元ハンセン病患者の家族の思いが届いた。国に賠償を命じた熊本地裁判決について、政府は9日、控訴しないことを決めた。「総理は一人ひとりに謝罪を」。真の解決に向け、家族らは安倍晋…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&D】17のカラーバリエーション

    安心・快適な車内空間〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】日立のビーチで人魚に変身!

    あの街の素顔

  • 写真

    【&M】長時間労働を減らすには

    残業時間の上限を設定しよう

  • 写真

    【&w】100人に1人が抱える孤独

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日「わがまま」我慢しないで

    社会改革の一歩として考える

  • 写真

    論座苦悩する「沖縄の保守」

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン注目の女優・山口まゆ

    思い描く理想の男性像とは

  • 写真

    T JAPAN坂本龍一、本の可能性を語る

    メディアとして本の価値

  • 写真

    GLOBE+日韓、なぜここまでこじれる

    鈴木一人教授の視点

  • 写真

    sippoいきなり子猫3匹を迎えた

    猫社会が生まれ、問題も解消

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ