メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

廃炉

関連キーワード

  • 廃炉(2014年10月27日 朝刊)

    原発は運転終了後も、放射性物質を施設外に漏らさないよう安全に管理する必要がある。電力会社は原子炉等規制法に基づき、国に廃止措置計画を提出しなければならない。経済産業省によると、廃炉期間は20〜30年で、原発施設の除染、解体、廃棄物の処分などにかかる費用は、小型炉(50万キロワット級)は360億〜490億円、中型炉(80万キロワット級)は440億〜620億円、大型炉(110万キロワット級)は570億〜770億円という。

  • 福島第一原発の廃炉工程(2014年04月29日 朝刊)

    東電と政府が昨年6月にまとめた工程表では、4号機に続いて1〜3号機の使用済み核燃料を最速で2015年度から取り出し始める。1〜3号機の原子炉で溶け落ちた核燃料は最速で20年度から取り出し始めるが、どうやって取り出すかは決まっていない。国際廃炉研究開発機構が一部担ってきた廃炉の技術開発を企画する機能は、原子力損害賠償支援機構に組み込まれる予定で、改正法案が国会で審議されている。

  • 国内原発の廃炉の状況(2015年12月17日 朝刊)

    東海発電所と中部電力浜岡1、2号喫静岡県)では東日本大震災前から廃炉作業が進んでいる。震災後、老朽原発は廃炉か運転延長かの判断を迫られた。今年3月、九州電力玄海1号帰関西電力美浜1、2号喫福井県)、中国電力島根1号喫松江市)、日本原電敦賀1号喫福井県)の計5基の廃炉が決まった。今後、各原発の具体的な廃炉計画が決まる。

最新ニュース

写真・図版

プルトニウム削減、米迫る 核リスク、日本に厳しい目 原子力協定延長へ(2018/7/15)

 日本の原子力政策を支える日米原子力協定が、自動延長される。米国は、その「条件」として余剰プルトニウムの削減を強く求めている。核兵器への転用や、核拡散リスクの高まりが懸念されるなか、日本の対応に厳しい…[続きを読む]

廃炉をコトバンクで調べる

!

朝日新聞デジタルヘッドラインの誤送信について

!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】ハン・ソロなりきり水鉄砲

    フォースと共に

  • 写真

    【&TRAVEL】サマルカンドからテルメズへ

    三蔵法師を巡るディープ旅

  • 写真

    【&M】高橋愛を支えきった新垣里沙

    モー娘。復権までの道のり

  • 写真

    【&w】前人未到の境地

    「草間彌生」展

  • 写真

    好書好日藤巻亮太の旅是好日

    サン=テグジュペリを想う

  • 写真

    WEBRONZA女性科学者の#Me Too

    学者として生き残った私の声

  • 写真

    アエラスタイルマガジンジュラシックシリーズ最新作

    恐竜をめぐる重厚な人間ドラマ

  • 写真

    T JAPANイサム・ノグチの仕事を観る

    光や空間までも“彫刻”した男

  • 写真

    GLOBE+ロヒンギャの友と私の15年

    ミャンマーの故郷を訪ねる夢は

  • 写真

    sippo保護犬と住めるシェアハウス

    単身者も犬の飼育OK

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ