メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

強制収容

関連キーワード

  • アウシュビッツ強制収容(2015年01月28日 朝刊)

    第2次世界大戦中の1940年、ナチス・ドイツが占領したポーランドの南部オシフィエンチム(ドイツ語名アウシュビッツ)に設置した強制収容所。欧州各地から移送したユダヤ人らの「虐殺工場」と化し、約110万人が犠牲になった。街に近いアウシュビッツ収容所と、郊外のビルケナウ収容所からなり、現在は両収容所跡地全体がポーランド国立の「アウシュビッツ博物館」になっている。

  • 米国の日系人の強制収容(2012年10月24日 朝刊)

    1941年12月8日、日本軍の真珠湾攻撃で太平洋戦争が始まると、米国の日系人らは「敵性外国人」とみなされた。翌42年2月、当時のルーズベルト大統領によって西海岸に住む日系人ら約12万人が強制的に立ち退きを命じられ、へき地に設けられた全米10カ所の収容所に強制的に送られた。

  • 日系人の強制収容(2017年03月16日 朝刊)

    1941年12月に日米が開戦した後、米国内では「日系人が日本に協力するのではないか」という疑念が高まった。ルーズベルト大統領は42年2月、「何人にも退去を命じることができる軍の地域」の設置を認める大統領令に署名。大統領令では日系人について触れていないが、これを根拠に西海岸や周辺に住む約12万人の日本人・日系人が、7州10カ所に設けられた施設に強制移住させられた。収容者らは「米軍に入って戦う用意があるか」「米国に無条件の忠誠を誓うか」などと迫られた。その回答によって日系人社会は分断され、戦後も長く影響を及ぼした。

最新ニュース

写真・図版

独で嫌ユダヤ再び でも「いつかアンネが望んだ世界に」(2019/6/13)有料記事

 「アンネの日記」で知られるアンネ・フランク(1929~45)の90回目の誕生日を記念する催しが12日、ドイツ各地で開かれた。誕生日前には「日記」の新刊も出版された。第2次大戦中のホロコースト(ユダヤ…[続きを読む]

強制収容をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ