メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

強制執行

関連キーワード

  • 朝鮮総連詐欺事件(2009年07月16日 夕刊)

    破綻(はたん)した朝銀信用組合の巨額の不良債権を引きついだ整理回収機構が、朝鮮総連中央本部の土地建物を競売にかけようとしたことが事件の発端となった。総連側は強制執行を適法に免れるため、本部機能を保ったままいったん売却した後に買い戻しに応じる相手を探していた。緒方元長官らは出資者を探すなどと装って資金と土地建物をだまし取ったとされる。同機構による強制執行手続きは東京地裁で認められたが、総連側が控訴し、争っている。

  • 蒲郡ふきぬき観光ホテル(2012年05月31日 朝刊)

    1998年に破産後、岡崎市の宗教法人「聖法寺」が建物を購入し、生活困窮者向けの一時宿泊施設を運営した。土地を所有する蒲郡市の「三谷(みや)町財産区」(管理者・稲葉正吉蒲郡市長)は「土地の賃料を滞納した」などとして提訴し、建物の取り壊しと土地の明け渡しを寺に命じる判決が昨年9月に確定。21日に名古屋地裁豊橋支部が立ち退きへの強制執行に乗り出した。

  • 大須演芸場(2016年09月29日 夕刊)

    1965年に常設寄席として開場。コント55号、下積み時代のビートたけしさん、明石家さんまさんらも出演した。「日本一客の入らない寄席」と言われ、窮状を救おうと、3代目・古今亭志ん朝さんが独演会を開いたことでも知られる。2007年ごろから賃料滞納を繰り返し、13年4月に建物所有者が明け渡しの強制執行を申し立て、14年2月に閉場。15年9月22日、新たな運営体制で再開した。

最新ニュース

写真・図版

羽賀研二容疑者、逮捕きっかけは被害者に届いた手紙(2019/1/19)

沖縄県警に強制執行妨害などの疑いで逮捕された服役中の元タレント羽賀研二容疑者(57=本名・当真美喜男)の逮捕のきっかけが、不動産業を営む被害者のY社長(62)の元に届いた面識のない人物からの1通の手紙…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】冬をもっと快適に!

    スポット暖房でポカポカ生活

  • 写真

    【&TRAVEL】今年訪問をお薦めする城とは

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】フォルクスワーゲンの原点

    初代シロッコが秘めた魅力

  • 写真

    【&w】読者プレゼント実施中!

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日マンガは命の次に大事なもの

    重量挙げのホープが語る漫画愛

  • 写真

    WEBRONZANHKの「共犯者たち」

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン便利な立地で気取らない店

    サクセスレストランVol.9

  • 写真

    T JAPANJ・ヴィゴ監督にまつわる2作

    傑作『アタラント号』が復刻に

  • 写真

    GLOBE+タンザニアにも「甲子園」

    アフリカの若き球児たち

  • 写真

    sippo書店街の路地に生きた猫

    ひっそり愛され25年

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ