メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月11日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

強制起訴

関連キーワード

  • 強制起訴(2016年07月15日 朝刊)

    検察官が決めた不起訴処分について、11人の市民からなる検察審査会が、2度にわたって「起訴すべきだ」とする議決を出すと必ず起訴される制度。起訴する権限は検察官が独占してきたが、市民感覚を反映させるのが狙いで検察審査会法が改正され、2009年に施行された。裁判所が指定した検察官役の「指定弁護士」が起訴し、立証する。

  • 強制起訴制度(2015年03月28日 朝刊)

    検察官が決めた不起訴処分に対し、11人の市民からなる検察審査会が2度にわたって「起訴するべきだ」と議決すると、容疑者が強制的に起訴される手続き。起訴する権限は検察官がほぼ独占してきたが、司法制度改革の一環で2009年5月に導入された。検察官は証拠を再検討したうえで不起訴を決めているため、検察官役は裁判所が指定した弁護士が務める。

  • 福島原発事故、強制起訴裁判(2017年06月30日 夕刊)

    東京電力福島第一原発の事故をめぐり、全国の1万人超が東電幹部や政府関係者を業務上過失致死傷などの容疑で東京地検などに告訴・告発した。検察は2013年9月、全員を不起訴処分としたが、市民による東京第五検察審査会は14年7月、勝俣恒久元会長(77)ら東電幹部3人を「起訴相当」と議決。東京地検が再び不起訴処分としたが、検審は15年7月、3人を強制的に起訴すべきだと議決した。16年2月、検察官役の指定弁護士が3人を業務上過失致死傷罪で強制起訴した。

最新ニュース

写真・図版

政治資金、三つの処方箋 収支報告書を分析 富崎隆・駒大教授と岩井奉信・日大教授が提言(2019/11/30)有料記事

 抜け道だらけのザル法と呼ばれて久しい政治資金規正法。では、どこをどう変えればいいのか。29日までに公開された2018年分の政治資金収支報告書の事例などをもとに、富崎隆・駒沢大教授、岩井奉信(ともあき…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】地元に本屋ができてよかった

    元デザイナーが始めた読書空間

  • 写真

    【&TRAVEL】高さ45メートルの大仏

    タイ・プーケット

  • 写真

    【&M】未来館の新展示

    落合陽一総合監修

  • 写真

    【&w】ホッとくつろぐカフェタイム

    北欧特集

  • 写真

    好書好日上白石萌歌、乱歩の世界へ

    舞台「お勢、断行」で悪女役

  • 写真

    論座ハッシュタグの「問題点」

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン手袋はあなたのために。

    漫画家/コラムニスト 渋谷直角

  • 写真

    T JAPANこのパネトーネがすごい!

    日本初の専門店がオープン

  • 写真

    GLOBE+ゲームは「救世主」になるか

    ゲームが車の世界に齎すもの

  • 写真

    sippo骨折した瀕死の子猫

    手術に50万円必要と言われた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ