メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

強制連行

関連キーワード

  • 七尾強制連行訴訟(2008年08月17日 朝刊)

    戦時中に七尾市に399人の中国人が強制連行され、過酷な労働や栄養失調などで15人が死亡、64人が失明した。05年7月、元労働者ら6人が国と「七尾海陸運送」(七尾市)を相手取り、謝罪と損害賠償を求めて金沢地裁に提訴。10回にわたる弁論と七尾港での現場検証を経て、今年3月に結審した。同様の訴訟は全国で係争中だが「72年の日中共同声明により、裁判上の請求権は失われた」とする07年4月の最高裁判決以降、原告側の敗訴が相次いでいる。

  • 強制連行と花岡事件(2009年12月15日 朝刊)

    戦時中、中国から約4万人が日本に強制連行された。全国135カ所で強制労働させられ、約7千人が日本で命を落とした。鉱山があった秋田県の花岡には約千人が送られ、45年6月30日、過酷な労働と暴行、食料不足に耐えかねた中国人が一斉に蜂起。蜂起は失敗し、前後の虐待や拷問で400人以上が死んだ。今年に入り、大館のNPO法人「花岡平和記念会」(理事長・川田繁幸弁護士)が全国からの浄財約4500万円を元に平和記念館を建設した。来年4月に開館する予定だ。

  • 中国人強制連行問題(2015年08月04日 朝刊)

    戦時中、中国から連行された労働者が日本の炭鉱などで働かされた問題。支援団体は日本外務省が戦後まとめた報告書などをもとに被害者が約3万9千人に上り、日本企業35社が関与したと主張。元労働者らは90年代以降、日本各地で損害賠償請求訴訟を起こし、鹿島(旧鹿島組)、西松建設、日本冶金工業の各社が企業としての「道義的責任」などを踏まえ、被害者救済のための基金設立や「解決金」などの支払いで和解を成立させている。

最新ニュース

写真・図版

大阪)花岡鉱山演じ伝える 7日から大阪で戯曲上演(2019/3/6)有料会員限定記事

 第2次世界大戦中、中国人らが強制連行され、過酷な労働を強いられた秋田・花岡鉱山を舞台にした戯曲「釈迦内柩唄(しゃかないひつぎうた)」が7~10日、大阪市城東区成育1丁目の未来ワークスタジオで上演され…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】新元号を記念した特別限定品

    美しい青の濃淡〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】SCANDAL HARUNAの旅

    ニューヨークへの1人旅

  • 写真

    【&M】「パークラン」なぜ人気?

    5km走るだけのイベント

  • 写真

    【&w】美食を発信する気鋭のシェフ

    地元ならではの恵み〈PR〉

  • 写真

    好書好日還暦迎えた、みうらじゅん

    「マイ遺品セレクション」刊行

  • 写真

    論座本庶さん特許の対価で怒る

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン週末の家飲みおすすめワイン

    ドイツワインおすすめの一本

  • 写真

    T JAPAN前衛作家、白髪一雄の個展ほか

    いま観るべき展覧会3選

  • 写真

    GLOBE+千人にたった2台

    有数の「車を持ちづらい国」

  • 写真

    sippo人懐っこい秋田犬の恩返し

    お年寄りの保護に一役

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ