メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

後発医薬品

関連キーワード

  • 後発医薬品(2010年10月07日 朝刊)

    新薬の特許期間(20〜25年)が切れた後に、別のメーカーが新薬と同じ有効成分を使って売り出す薬。開発費がかからず、価格が割安なのが特徴だ。

  • 後発医薬品(ジェネリック医薬品)(2017年04月21日 朝刊)

    新薬メーカーが開発した有効成分の特許が切れた後に、ほかのメーカーが同じ成分で作る薬。新薬は有効成分を実用化するために多額の研究開発費がかかるが、後発薬はほとんどかからないため、値段は新薬の半額程度だ。厚生労働省は医療費を抑えるため、新薬から後発薬に切り替えられる薬での数量シェアを2018年度から20年度末までに80%以上にする目標をたてている。

最新ニュース

写真・図版

がん治験、製薬会社なぜ協力せず? 調達はネット募金で(2019/9/12)有料会員限定記事

 研究費を得られなかった膵臓(すいぞう)がんの臨床研究(治験)を、どうすれば進められるのか――。関西医科大が窮余の末、治験の費用をネット募金したところ、目標を大きく上回る約3500万円が集まった。治験…[続きを読む]

後発医薬品をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ