メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

復興計画

関連キーワード

  • 東日本大震災の復興事業(2012年01月15日 朝刊)

    高台移転などの防災集団移転促進事業や被災者向けの公営住宅整備、農漁業への支援など40事業で、総事業費は地方負担分を合わせて1.9兆円。被災自治体が作る個々の復興計画を後押しするため、手続きを簡素化したが、既存の施策の拡充に主眼が置かれ、新規事業は家賃低減事業など四つにとどまる。

  • 名古屋市の陸前高田市支援(2012年01月18日 夕刊)

    名古屋市は、東日本大震災の被災地を副市長らが視察し、正職員296人中68人が死亡や行方不明になるなど被害が大きかった岩手県陸前高田市を支援先に決定。住民票交付の窓口業務から復興計画の策定まで市役所業務全体を支える「町ごと支援」が特徴で、昨年4月から33ポストに延べ約120人を派遣。派遣期間は最長1年間。

  • 多賀城高校災害科学科(2017年06月09日 夕刊)

    宮城県は震災復興計画で防災教育の充実を掲げ、教訓を伝承し、災害から命と暮らしを守る人材の育成をめざす「災害科学科」を県立高校に新設する考えを示した。同校は海に近く、交通の便もよいことから、2013年2月に設置が決まった。地理を軸にした「社会と災害」や化学・生物を基本にした「自然科学と災害A」など普通科の学習内容を、防災や環境といった切り口で学ぶのが特徴。30近い大学や研究機関、企業と連携し、講師を招くことも多い。研究者や技術者、医師、公務員など各分野の専門家を育てることをめざしている。

最新ニュース

写真・図版

広範囲の家屋被害・住民の分断…復興に終わりはあるのか(2020/10/24)有料会員記事

 去るか、残るか。昨年10月の台風19号による豪雨で千曲川の堤防が決壊し、大きな被害を受けた長野市長沼地区の住民たちに、重い問いが突きつけられています。コミュニティーの担い手が減りゆく被災地の現状を報…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】本上まなみの暮らしと子育て

    様々な選択肢を自由にチョイス

  • 写真

    【&M】コンパクトながら「大きい」

    キャンピングカーの新星!

  • 写真

    【&TRAVEL】連ドラ「あまちゃん」の舞台

    海の見える駅 徒歩0分の絶景

  • 写真

    【&M】ライバルを誉めよう!

    スクエニ吉田氏が尊敬する競合

  • 写真

    【&w】母の料理が大嫌いだった

    東京の台所2

  • 写真

    好書好日アニマルシェルターの役割は

    人気漫画で知る動物保護

  • 写真

    論座再びの大阪住民投票

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンモダンなグリーンのバッグで

    秋冬の装いにアクセントを。

  • 写真

    T JAPAN森に溶け込むシンプルな家

    北欧の建築家夫妻の別荘

  • 写真

    GLOBE+三密回避の旅行に最適

    登山と紅葉を同時に楽しむ

  • 写真

    sippo譲渡会で出会った3本足の猫

    運命を感じてうちの子に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ