メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

微粒子

関連キーワード

  • 光化学オキシダントと煙霧(2012年05月16日 夕刊)

    光化学オキシダントは目やのどの粘膜を刺激するため、大気中の濃度が0・12ppm以上になると都道府県が注意報を出す。国内で排出された物質が原因の場合は風が弱い日に起こりやすい。煙霧は乾いた微粒子で空が白く濁り、視界が10キロ未満になる状態で、水分が原因の霧やもやとは区別される。大気中のちり、砂、化学物質など原因は様々。大陸から飛来した微粒子が原因になる場合もある。

  • ばいじん被害(2012年06月17日 朝刊)

    工場などの燃焼過程で生じるガスに含まれる微粒子「ばいじん」を吸い込むことによって起きる健康被害。長期間吸い込んでばいじんが肺の細胞に蓄積すると、せきや息切れ、呼吸困難などの症状が出るとされる。こうした疾患は「じん肺」と呼ばれ、1960年には被害防止のための「じん肺没が制定された。

  • PM0.1(2013年10月28日 朝刊)

    大気中の微小粒子状物質(PM2.5)でも特に細かい、直径0.1マイクロメートル(1万分の1ミリ)以下の超微粒子。粒径が髪の毛の800分の1程度と極めて小さいため、重さはわずかでも個数では大きな比率を占める。交通が激しい都市の屋外では、大気1立方センチあたりに数万個ものPM0.1が含まれるという測定データもある。PM2.5は2009年に環境基準(年平均=1立方メートルあたり15マイクログラム以下、1日平均=同35マイクログラム以下)が作られたが、PM0.1には基準値はない。

最新ニュース

写真・図版

佐渡裕さん、1万人の第九「どんな方法でも実現したい」(2020/9/10)会員記事

 新型コロナウイルスの感染拡大で各地の劇場が公演を中止した。兵庫県立芸術文化センター(西宮市)は7月下旬、「どんな時も歌、歌、歌! 佐渡裕のオペラで会いましょう」と題したコンサートで、KOBELCO大…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&w】5キロ増で演じた“恐妻”

    水川あさみさん

  • 写真

    【&TRAVEL】宇賀なつみ、神津島の旅

    連載「わたしには旅をさせよ」

  • 写真

    【&M】パワーよりも軽さと操縦性

    ロータス・ユーロッパ

  • 写真

    【&w】夫の「気遣い」にモヤモヤ

    自分を守るために〈PR〉

  • 写真

    好書好日小説を原作に音楽を作り出す

    YOASOBIと作家が鼎談

  • 写真

    論座「半沢直樹」と似たドラマ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン黒のスーツをどう着こなす? 

    ビジネスシーンでもOK?

  • 写真

    T JAPAN新型Eクラス、その革新性

    日本初のARナビを搭載

  • 写真

    GLOBE+賢く我慢を学んだ子は伸びる

    「マシュマロ・テスト」とは

  • 写真

    sippo元ホームレスと猫との出会い

    実話に基づいた映画をもう一度

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ