メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

徳島市

関連キーワード

  • 徳島市の父子連続殺人・放火事件(2011年12月28日 朝刊)

    2001年4月、徳島市吉野本町4丁目の県営住宅の一室が焼け、住人の松田優さん(当時66)の遺体が見つかった。その後、兵庫県・淡路島で長男浩史さん(当時38)の遺体も発見。ともに首を絞められ、遺体を焼かれていた。小池俊一容疑者(51)の逃走後、徳島、兵庫両県警は5月に浩史さんへの殺人と死体遺棄容疑で逮捕状を取り、指名手配。容疑者宅から出た血痕が決め手だった。警察庁の報奨金制度の対象で、徳島東署捜査本部(0120・199・610)が情報提供を呼びかけている。

  • 徳島市内の鉄道高架事業(2016年03月16日 朝刊)

    JR徳島駅西側の出来島踏切から文化の森駅付近まで、高徳線と牟岐線の計約4.7キロを高架化する事業。13カ所の踏切を除去し、周辺に都市計画道路を整備する。県が高架化を担当し、市がまちづくりを行う。高架の事業費は約500億円で、国が220億円、県と市がそれぞれ115億円、JR四国が50億円を負担。2006年に国の着工準備箇所に採択されたが、都市計画決定に向けた原案作成の前段階で足踏みしている。

  • 徳島市の働きかけ問題(2018年02月27日 朝刊)

    2016年3月、当時の原秀樹市長が特定の業者に対して、一般廃棄物処理業を「不許可処分」とする方針を決めた。決定の過程で、岡孝治市議が原氏や市の幹部らに不当に働きかけたという指摘があり、経緯を調べるために同年12月に百条委が設置された。委員は市議10人。これまで、原氏や岡市議、市の幹部らが証人喚問されている。

最新ニュース

写真・図版

コロナ下の阿波踊り開催 活気戻るも感染対策に難しさ、模索続く(2022/8/17)

 徳島市の阿波踊りは3年ぶりに本格開催され、新型コロナウイルスの影響で「静かな夏」が続いていた街に活気が戻った。 開幕した12日以降、ちょうちんをともした演舞場に、太鼓やかねのおはやしが響き、色とりど…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】送り火見物に自然派たこ焼き

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&w】ココナツ香るゴーヤ炒め

    料理家冷水希三子の何食べたい

  • 写真

    【&Travel】エコラベル宿で自然と一つに

    楽しいひとり温泉 長野・松本

  • 写真

    【&M】これぞ老舗の貫禄のカレー!

    口福のカレー

  • 写真

    【&w】見て見ぬふりの問題を改めて

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日ミュージアムグッズの魅力は

    大澤夏美が「チカラ」2を刊行

  • 写真

    論座山口二郎・神津里季生対談上

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン爽やかな風が体を通り抜ける

    シテラのジャケット

  • 写真

    Aging Gracefully大人の女性必見のアイテム

    いつまでも美しく健やかに

  • 写真

    GLOBE+兵器や軍需物資輸出が最高

    韓国の防衛産業はなぜ好調か

  • 写真

    sippo野犬2匹預かりボランティア

    同じ環境下でも真逆の性格

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ