メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

心的外傷後ストレス障害(PTSD)

関連キーワード

  • 心的外傷後ストレス障害(PTSD)(2013年06月13日 朝刊)

    自然災害や事件事故など、生死にかかわるような体験をきっかけに起きる精神疾患。症状は、体験を何度も思い出したり夢に出てきたりする「再体験」や、気持ちが不安定になって眠れなくなったりする「過覚醒」など。厚生労働省のガイドラインによると、災害や広域犯罪では、半年以内の罹患(りかん)率は3〜4割程度。うち半数程度は自然回復する。1年後の罹患率は1〜2割程度で、慢性化するとされる。阪神大震災の5年後にあった、災害復興公営住宅の住民68人を対象にした調査によると、今回の沖縄戦を巡る調査と同じ指標でPTSDの可能性が高いとされた人は22%(15人)だった。

  • 心的外傷後ストレス障害(PTSD)とフラッシュバック(2015年04月21日 朝刊)

    PTSDは、自然災害や事件・事故など、生死にかかわるような体験をしたことをきっかけに起きることが多い精神疾患。わずかな刺激で興奮したり、不眠に陥ったりするほか、感情がマヒしたり、他人への警戒心が強くなったりといった症状がある。フラッシュバックもその症状の一つで、体験を何度も思い出したり、夢に見たりする。

  • 心の後遺症(2008年09月28日 朝刊)

    深く心に傷を負い、心的外傷後ストレス障害(PTSD)が残ると、その後も過去の経験が突然よみがえり(フラッシュバック)、感情のコントロールが出来なくなることがある。県中央児童相談所の児童精神科医古田洋子さんによると、特に幼い子どもは「昔、殴られていたときと似た場面がテレビで流れた」ことなどを機に「瞬間冷凍」された感情が「解凍」され、今起きたかのように感じるという。被虐待児の多くは「自分は殴られて当然の人間だ」と思い込まされ、自傷行為や暴力的な言動が出て、人間関係を築きにくいこともある。立ち直るには、支えになる人が常に「大事な存在なんだよ」と言葉と行動で繰り返し伝えることが大切で、年単位のケアが必要だと話す。

最新ニュース

写真・図版

心愛さん号泣する動画、5秒法廷に 裁判員は泣き崩れた(2020/2/21)有料会員限定記事

 みーちゃん、本当にごめんなさい――。千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(当時10)が虐待死したとされる事件で、傷害致死罪などに問われた父親の勇一郎被告(42)は21日、千葉地裁であった裁判…[続きを読む]

心的外傷後ストレス障害をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&AIRPORT】日系航空会社だけで十分?

    知らないと損するマイル活用術

  • 写真

    【&TRAVEL】中世の家屋が残る村にて

    トスカーナで出会ったネコたち

  • 写真

    【&M】あの人気者がモデルチェンジ

    外観はすっきり、内装は豪華に

  • 写真

    【&w】締めには豚焼きそば

    リズム感とハーモニーで

  • 写真

    好書好日怪奇現場で呑む酒の味は…

    清野とおるさん「東京怪奇酒」

  • 写真

    論座安倍政権と新型肺炎の戦い

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン718スピードスターの魅力。

    ポルシェはやっぱりカッコいい

  • 写真

    T JAPAN八嶋智人さんの偏愛おやつ

    ひと手間ちがう、レモンケーキ

  • 写真

    GLOBE+「トヨタ革命」に迫る

    ベルトコンベヤーは捨てた──。

  • 写真

    sippo林に捨てられ骨折していた猫

    それでも見つかった温かな家

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ