メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

心的外傷後ストレス障害(PTSD)

関連キーワード

  • 心的外傷後ストレス障害(PTSD)(2013年06月13日 朝刊)

    自然災害や事件事故など、生死にかかわるような体験をきっかけに起きる精神疾患。症状は、体験を何度も思い出したり夢に出てきたりする「再体験」や、気持ちが不安定になって眠れなくなったりする「過覚醒」など。厚生労働省のガイドラインによると、災害や広域犯罪では、半年以内の罹患(りかん)率は3〜4割程度。うち半数程度は自然回復する。1年後の罹患率は1〜2割程度で、慢性化するとされる。阪神大震災の5年後にあった、災害復興公営住宅の住民68人を対象にした調査によると、今回の沖縄戦を巡る調査と同じ指標でPTSDの可能性が高いとされた人は22%(15人)だった。

  • 心的外傷後ストレス障害(PTSD)とフラッシュバック(2015年04月21日 朝刊)

    PTSDは、自然災害や事件・事故など、生死にかかわるような体験をしたことをきっかけに起きることが多い精神疾患。わずかな刺激で興奮したり、不眠に陥ったりするほか、感情がマヒしたり、他人への警戒心が強くなったりといった症状がある。フラッシュバックもその症状の一つで、体験を何度も思い出したり、夢に見たりする。

  • 心の後遺症(2008年09月28日 朝刊)

    深く心に傷を負い、心的外傷後ストレス障害(PTSD)が残ると、その後も過去の経験が突然よみがえり(フラッシュバック)、感情のコントロールが出来なくなることがある。県中央児童相談所の児童精神科医古田洋子さんによると、特に幼い子どもは「昔、殴られていたときと似た場面がテレビで流れた」ことなどを機に「瞬間冷凍」された感情が「解凍」され、今起きたかのように感じるという。被虐待児の多くは「自分は殴られて当然の人間だ」と思い込まされ、自傷行為や暴力的な言動が出て、人間関係を築きにくいこともある。立ち直るには、支えになる人が常に「大事な存在なんだよ」と言葉と行動で繰り返し伝えることが大切で、年単位のケアが必要だと話す。

最新ニュース

学校・市教委の対応「違法」 旭川いじめ、第三者委が報告 自殺と関係「不明」、再調査へ(2022/9/21)

 北海道旭川市で市立中2年の広瀬爽彩(さあや)さん(当時14)がいじめを受け、昨年3月に凍死体で見つかった問題で、市教育委員会は20日、第三者委員会の最終的な調査報告書を公表した。報告書は、上級生らに…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】街にとけこむ山梨の隠れ家

    このパンがすごい!

  • 写真

    【&Travel】湘南の海を望む二つの無人駅

    海の見える駅 徒歩0分の絶景

  • 写真

    【&Travel】移住者との交流、神々しい海

    楽園ビーチ探訪・小笠原後編

  • 写真

    【&M】戸次重幸さんインタビュー

    “かっこ悪いかっこよさ”とは

  • 写真

    【&w】がんの研究を続ける私に

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日お金の危機管理を学べる快作

    原田ひ香さん「財布は踊る」

  • 写真

    論座個人の葬式と国葬は別だ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンヒョンビン×ロロ・ピアーナ

    2022年秋冬コレクション!

  • 写真

    Aging Gracefully多様化する日本の女性たち

    家族の形も働き方もさまざま

  • 写真

    GLOBE+大統領を思想で支える人物

    ドゥーギン親子以外にも

  • 写真

    sippo「優しい亡くなり方だった」 

    愛犬と愛猫を見送って

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ