メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

急性硬膜下血腫

関連キーワード

  • 横浜市立奈良中学校柔道部の事故(2009年11月13日 朝刊)

    04年12月24日、当時3年生の男性が顧問の男性教諭との乱取り中に倒れ、急性硬膜下血腫や脳挫傷と診断された。同市教育委員会は「けがの原因は不明」としたが、県警は07年7月、教諭を傷害容疑で書類送検した。横浜地検は今年10月、「原因は教諭の投げ技だが、予測できないけがだった」として不起訴処分としたため、男性らは横浜第一検察審査会に審査を申し立てた。また、同市や教諭に対し、計約1億8600万円を求める訴訟を横浜地裁に起こしている。

  • 伊丹市中学生暴行死事件(2009年11月19日 朝刊)

    伊丹市御願塚(ごがづか)4丁目の神社で10月4日午後、市立中学2年の男子生徒(14)が上級生に暴行され、意識不明の重体になった。伊丹署は翌日、他校の生徒を含む市内の中学3年の男子4人を傷害容疑で逮捕。被害生徒は17日未明、頭部打撲による急性硬膜下血腫などで死亡した。28日、伊丹署は新たに川西市立中学3年の男子生徒を傷害致死容疑で逮捕した。

  • 徒手格闘(2011年08月31日 朝刊)

    自衛隊陸上幕僚監部の陸自教範によると「当身技、投げ技、関節技及び絞め技を総合的に駆使し、おう盛な闘志をもって敵を殺傷又(また)は捕獲する戦闘手段」。相手を素手で制圧する手段として発展してきた。初心者は十分な準備教育をしないと危険だ。2008年9月には広島県江田島市の海上自衛隊で15人を相手に「訓練」していた隊員が殴られて倒れ、急性硬膜下血腫で死亡。遺族は損害賠償請求訴訟を起こしている。

最新ニュース

入院中の転倒死、3年で18件 事故直後は意識ある例も(2019/6/5)

 入院中に転倒して死亡する事故が、2018年12月までの約3年間で18件あったことがわかった。日本医療安全調査機構が4日、医療事故調査制度が始まった15年10月以降の死亡事故の報告を調べて発表した。 …[続きを読む]

急性硬膜下血腫をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ