メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

愛国主義

関連キーワード

  • 愛国主義教育(2012年10月24日 朝刊)

    江沢民国家主席時代の1990年代、当局が強化した教育重点事項。小中学校で愛国を題材にした映画や歌、本それぞれ100作品を推薦することが決まり、毎学期に数回は抗日を題材にした映画上映会も開かれるようになった。全国に約350カ所ある抗日記念館などを見学することも定められた。

  • 五四運動(2009年05月05日 朝刊)

    中華民国当時の1919年5月4日、北京の学生数千人が天安門広場からデモを始め、各地の学生も呼応し全国に広がった反日、反帝国主義運動。愛国主義が大衆化した転機とされ、中国現代史の起点をここに置く傾向が強い。中華人民共和国の建国後、毎年5月4日を「青年節」として各地で若者たちのボランティア活動などが開かれる。

  • GHQのスポーツ政策(2015年07月15日 朝刊)

    GHQは日本の民主化政策の一環としてスポーツ振興に重点を置いた。文部省や商工省を通じて全国の運動用具の需要や生産量を調べ、野球やテニスなどの用具を生産させたり、米国から輸入したりした。また、戦後すぐにプロ野球の再開を認めるとともに「軍国主義と過剰な愛国主義を学校からなくす」として軍事教練と武道を学校教育から排除。その後、復活の陳情が相次ぎ、武道教育は1950年代に再開された。

最新ニュース

写真・図版

(現場へ!)独ソ戦を考える:5 「新冷戦」下、なお続く余波(2020/10/30)会員記事

 「意外や意外、日本の国内で独ソ戦のことを知りたいという人が実は大勢いたんですね」。文芸春秋9月特別号の駐日ロシア大使ガルージンとの対談で、ジャーナリストの池上彰は岩波新書「独ソ戦」に触れてそう語って…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】子どもの好奇心に寄りそう

    厚切りジェイソンさん

  • 写真

    【&w】千年後の未来にも残る映画を

    河瀬直美監督インタビュー

  • 写真

    【&TRAVEL】溶岩の原をたずね柳を探して

    クリックディープ旅

  • 写真

    【&M】疲れた心をときほぐす

    たき火道具のすすめ

  • 写真

    【&w】コロナ禍の人気商品、その裏側

    バーミキュラ×本麒麟

  • 写真

    好書好日令和によみがえった黒井ミサ

    エコエコアザラクREBORN

  • 写真

    論座今こそ、公助の出番

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン進化したプロスペックス

    あの名作モデルが再び<PR>

  • 写真

    T JAPAN石岡瑛子の仕事

    大規模な回顧展が開催

  • 写真

    GLOBE+鬼滅の次は『呪術廻戦』か?

    アニメ人気の最前線を追う

  • 写真

    sippo乃木坂46 北野日奈子さん

    夢をくれた、愛犬との14年

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ