メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月14日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

沖縄慰霊の日(6・23)

【動画】20万人犠牲の激しい地上戦 沖縄戦を動画で学ぶ(2019/06/21)

 6月23日は、沖縄戦の犠牲者を悼む「慰霊の日」です。1945年、沖縄では3カ月にわたる激しい地上戦で、約20万人が犠牲になりました。当時の映像を交えながら、沖縄戦とは何だったのか、動画で解説します。[続きを読む]

写真・図版

県民4人に1人犠牲の沖縄戦 本土守るため「捨て石」に有料会員限定記事 (2019/6/23)

■いちからわかる「沖縄慰霊の日」 Q 23日は沖縄の「慰霊の日」と聞いたけど、どんな日? A 太平洋戦争末期、1945年の3月下旬から米軍が沖縄に上陸し、約3カ月に及ぶ激しい地上戦が行われた。「沖縄戦」だ。6月23日は、日本軍の組織的な戦闘…[続きを読む]

沖縄戦、あのとき何が

「平和の詩」に年々注目

【動画】りゅうちぇるさん「沖縄を熱心に考える一日」(2018/6/23)

 沖縄戦が終結した慰霊の日は「うーとーとー」――。数年前から、ツイッターにそんな投稿をしている沖縄県出身のタレントりゅうちぇるさん(22)。「うーとーとー」は沖縄の言葉で、手を合わせて祈るという意味です。6月23日は「慰霊の日」。地上戦の悲劇を経験した沖縄と平和への思いについて語ってくれました。…[続きを読む]

関連キーワード

  • 慰霊の日(2016年06月24日 朝刊)

    太平洋戦争末期、沖縄では民間人を巻き込んだ地上戦により、日米両軍と民間人合わせ約20万人が犠牲になった。日本軍の組織的戦闘が終わったとされる6月23日を、沖縄県は「慰霊の日」と定め休日としている。糸満市摩文仁の平和祈念公園では毎年、「沖縄全戦没者追悼式」が開かれる。

  • 沖縄慰霊の日(2014年06月06日 夕刊)

    沖縄戦は1945年3月末、米軍が沖縄本島の西にある慶良間(けらま)諸島に上陸して始まった。日本軍の組織的な戦闘は6月23日に終わったとされるが、降伏を拒む軍人らによる局地的な戦闘は続いた。犠牲者は軍人と住民を合わせて約20万人。沖縄県は戦後、6月23日を全戦没者の霊を慰める日に定めた。

最新ニュース

写真・図版

沖縄)小学校でいじめ 沖縄のフリースクールへ(2019/9/23)有料記事

 石川県の親元を離れて高校3年間を那覇市のフリースクールで過ごした坂本菜の花さん(20)の体験記「菜の花の沖縄日記」(ヘウレーカ)が8月に出版された。沖縄戦を知る高齢者との交流、米軍基地問題に揺れる集…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ